カリスマ訓練士のたった5分で犬はどんどん賢くなる/藤井聡



カリスマ訓練士の たった5分で犬はどんどん賢くなる (スーパーブックス)

以前、犬を飼っていて、
一緒に楽しい毎日を過ごしつつ、
いつも犬の幸せって何なんだろうと思い、
自由にさせつつ、最低限のしつけもして、
お互いに最低限のストレスになるようにしていました。

sp


この本によると、ボスが誰かはっきりさせて
徹底的に服従させておくほうが
犬にとって安心できて幸せなようです。

カリスマ訓練士のたった5分で犬はどんどん賢くなるの感想

70項目のしつけ方法が紹介されていて、
各項目が見開き2ページで、
すべてに4コマ漫画もついていて、
コンパクトにまとまり、
読みやすくて理解しやすくなっています。


この本によると、
吠えたり飛びついたり甘噛みしたりなど、
犬が困ることをしている時に
声を出して犬を叱ることは、
犬には「もっとやれ!」と
声援を受けているように
取られるのだそうです。

そういうときには、
著者が「天罰」と呼んでいる、
ちょっとしたショックを犬に与えて
今やっていることをすると
嫌なことがおこる、と教えると
犬が気づいていくそうなんです。

sp


このときに大切なことは、
飼い主がショックをやったとは
わからないようにすること。

飼い主がやったことがわかると、
飼い主不信になってしまうそうです。

こういう教えをするのにかかる時間が
5分くらいですむことなので、
「たった5分で犬はどんどん賢くなる」という
タイトルになっています。

⇒ 天罰方式に近いのがこちら


また、飼い主との立場を教えるのに、
簡単な3種類の方法を、
これまた5分ほどかけて繰り返し行うことで、
犬は誰がボスなのかがわかり、
それが犬の安心に繋がるそうです。

この3種類の方法を基本にして
犬とコミュニケーションをとりながら、
天罰方式などで犬に伝わるように教えていると、
犬は飼い主をボスと認め、
飼い主に合わせることで安心し、
幸せに暮らせるそうです。

⇒ 3種類の方法の動画


私が飼っていた犬は、ちょっと教えると
すぐに理解して覚えてくれて、
まったく問題はおこさなかったので、
躾では困ることはありませんでしたが、
犬の幸せ度から考えると、
私はボスというよりは、
犬と友達になろうとしていて、
安心感を与えてあげられなかったかなと思います。

犬からみた「ハウス」の存在や、
出かけるときや帰ってきたときの
犬への態度など、誤解していたことも多々あり、
犬との関係の理解が深まりました^^

sp
  • このエントリーをはてなブックマークに追加