クルミのカンパーニュ(長時間低温発酵はしばしお休み)

[`evernote` not found]
LINEで送る

クルミのカンパーニュ

クルミのカンパーニュを焼きました。

わが家では、焼きあがり、
粗熱が取れたパンをスライスし、
くっつかないようにオーブンシートを
パンの間にはさみこんでビニール袋に入れて、
パンの水分が飛んでしまう前に冷凍保存しておいて、

【関連情報】
  ↓

レーズンカンパーニュ(繰り返し使えるオーブンシートが便利)
レーズンカンパーニュを焼きました。 発酵中、気温がちょっと低くて、 時間の関係で十分なサイズまで発酵させられず、 縦横的に...

毎朝両親がオーブントースターで
パンを解凍しながら焼いて食べています。
sp


こうしておくと、
焼き立ての美味しさには及びませんが、
けっこう美味しく食べられるのです。

長時間低温発酵させて焼いたパンは、
甘みやうまみの味わい深さがあり、
また、クラムがかなりもっちりになります。

冷凍保存してトーストすると、
長時間低温発酵のもっちりクラムは、
かなりどっしりした食感になってしまうのです。

ふんわりパンが好きな両親には、
常温発酵のふんわり柔らかなクラムの
パンの方が好評でして、
長時間低温発酵のパンは現在、
私の自己満足状態なのです(^^;

この先、暑くなったらまた冷蔵庫の利用も
必要になってくるとは思いますが、
それまではしばし、長時間低温発酵はお休みして
常温発酵で焼くことにしました。

クルミのカンパーニュのレシピ

<材料>
国産小麦粉(春よ恋) 300g
継ぎ足しの天然酵母元種 150g
卵+ぬるま湯 160g
塩 5g
きび砂糖 10g
バター 10g
クルミ 40g

    

<作り方>
材料を全て混ぜる
オートリーズ 15分
パン生地を捏ねる 3分
1次発酵 6時間
途中でパンチ1回
ベンチタイム15分
3つ折りで縦横に2回丸めて成形
2次発酵 1時間
霧吹きでパン生地全体を湿らす
カミソリで切ったクープに太白ごま油
予熱済みの900wの電気オーブンで200度7分160度23分焼成

【関連情報】
国産小麦粉と天然酵母の手作りパン、まとめ(随時更新)
sp

久々の常温発酵パン

ということで、久々に焼いた
常温発酵のクルミのカンパーニュ。

クルミのカンパーニュ

たっぷり膨らんでいい香りになりました♪

クルミのカンパーニュ(スライス)


クラムの比較(画像じゃよくわかりませんがw)

今日焼いた、常温発酵のクラム。
食感はふんわりしています。

クルミのカンパーニュ(クラム)


以前焼いた、長時間低温発酵のクラム。
食感はもっちりしています。

クルミのカンパーニュ(クラム)


食べ比べてみるとやはり、
長時間低温発酵のパンは美味しいです^^

この美味しさと、常温発酵のふんわり感が
MIXできるといいんですけどねぇ。。

sp
  • このエントリーをはてなブックマークに追加