日傘でUVカット! 紫外線対策には白vs黒、どっちがいい?


日傘の選び方

天気予報で、花粉の飛散の予報が終わると
入れ替わるようにして始まる紫外線量の予報。

sp


そろそろ、やや強い紫外線が
降り注いでくる季節となっています。

日傘をさして紫外線対策を
している方を随分見かけるようになりましたが、
実は日傘によっては
UVカットできていないこともあるのです><

日傘で紫外線対策

一番マズいのは、レースでできている日傘です。

UVカット素材の上にレース生地が
二重貼りで貼り付けてあるような
加工の日傘ならいいのですが、
日傘をさしている人が
レースの隙間から透けてみえるような日傘は、
涼しげで、日差しよけにはなりますが、
紫外線はカットできていません。

紫外線をカットできるかどうかは、
日傘に施されている紫外線カット率に注目です!

数値が高いほど日焼けしにくく、
カット率99%なら安心です^^

sp


UVカット率とともによく書かれている
遮光率というものがあるのですが、
こちらは日差し(可視光線)をカットする効果です。

数値が高いほど日除けになり、
暑さをカットして涼しく感じられます。

日差しと紫外線

白と黒。。日傘のおすすめの色の選び方は?

以前の日傘は、今ほど高性能ではなかったので、
黒いほうが紫外線や可視光線を防げるけれど、
黒い色は熱を吸収するので熱くなり、
機能を追うなら黒、涼しさを追うなら白、
という選び方でした。

現在は、日傘自体にUVカット効果や
遮光効果がほどこされているので、
それらの機能のついた日傘なら、
好きな色を選んで大丈夫です^^

黒い色の方が熱を吸収することは普遍なので、
色が濃い物の方が、触ると熱く感じられます。

日傘の注意点

日傘に施されている「UVカット効果」や「遮光効果」は
なんと、効果の持続に有効期限があるのです。

有効期間が2年となっているものが多いですが、
この期間は、日傘の製造メーカーによって
バラバラでして、食品のように
有効期限がタグになって書いてあるものもありますし、
わからないようなら、お店の店員さんに
確認してみるといいかもです。


また、日傘で上からの紫外線は防げますが、
盲点になりがちなのが、建物の反射で横から、
また、地面からの照り返し下からくる紫外線です。

日傘をさしているからと気を抜かず、
外出の際にはしっかり紫外線帽子クリームなどで
紫外線対策をしてからでかけましょう。


.関連記事  
日傘のお手入れ方法、洗えるの?洗えないの?
傘の撥水効果を回復・長持ちさせる方法

sp
  • このエントリーをはてなブックマークに追加