冷蔵庫の製氷機がカビてるかも! 自動製氷機の清潔な使い方


氷

冷蔵庫に備わっている自動製氷機ですが、
給水タンクの部分はとりはずせて
洗浄できるんですけど、
ここに、けっこうすぐ黒かびが生えるんです><

sp


できあがった氷が、できてからしばらくたつと、
なんだか臭うことがあるんですよね。

この臭い、冷蔵庫の臭いかと思ったら
カビの臭いかもしれないんです。

水のタンクの部分にでる黒かびは、
水の通り道のパイプの中にも
当然、発生しているらしく、
しかもここ、見えないし掃除できないんですよね><

この、製氷機の黒かび対策をまとめました。

冷蔵庫の自動製氷機がカビてるかも!

まずは簡単に洗える給水タンクですけど、
パッと目はきれいでも、恐ろしいのは、
はずせるパーツをはずした裏側。

パイプのようなものの内側やら、
肝心の水のフィルターの部分などに
意外とすぐに黒かびが発生するのです。

冷蔵庫内の温度は3~5度ですが、
カビは、10℃以下の環境でも繁殖できるので、
黒かびにとっては余裕の環境なのです。

給水タンクは、週に1回、
パーツを全部分解して洗います。


続いては、出来上がった氷がたまる氷のケース。

これは、外側の枠は冷蔵庫に組み込まれていますが、
内側がはずせるようになっているので、
こちらをはずして洗います。

付属の氷用のスコップを洗うのも忘れずに。

氷自体も、長期間置くと黒かびや雑菌で
臭いや味がしはじめたり、
冷蔵庫の臭いが移ったりするので、
氷のケース部分を洗うときに
捨ててしまって、新たに作り変えるといいですね。

sp


そして肝心な、パイプ部分の洗浄。

ここははずせないので困ってしまうのですが、
ちゃんと専用の洗浄剤がありました。


自動製氷機除菌洗浄剤 濃縮エメキューブ3回分

原材料・成分は
クエン酸、リンゴ酸、梅酢、クチナシ色素、イオン化水

食品添加物でできた、製氷機の洗浄剤です。

緑色の液体のエメキューブを水道水と混ぜて
給水タンクに入れて製氷すると、
緑色の氷ができ、その氷を捨て、
水道水で製氷して、色がでなくなればOKです。

緑色の氷ができる過程で、
洗いにくい給水経路のパーツまで除菌・洗浄できます。





アイリスオーヤマ 自動製氷機クリーナー 氷キレイ JSC-150

原材料・成分は
クエン酸、リンゴ酸、梅酢、酸性イオン化水、
赤シソエキス、クチナシ黄

こちらも洗浄成分には食品原料が使用されてます。

オレンジ色の液体で、使い方はやはり、
液体の氷キレイを水道水と混ぜて
給水タンクに入れて製氷するだけでOKです。

どちらも価格は、1回500円弱程度です。



さらに肝心なのは、氷を作る「水」です。

水道水には、消毒用に塩素が添加されていて、
黒かびや菌類の繁殖を抑えるようになっています。

ところが、例えば浄水器や
(ブリタなどの浄水器も含みます)



アルカリイオン整水器などを通すと、



塩素が除去されてしまって水が痛みやすくなり、
カビや雑菌の繁殖が容易になってしまいます。

一度沸騰させた水やミネラルウォーター、
井戸水なども、塩素の添加がないので
製氷に使うのはよくありません。

冷蔵庫の自動製氷機に使う場合は、
水道水をそのまま使うほうがいいのです。


浄水で氷を作りたい場合は、
自動製氷機を使わず、冷凍庫で製氷皿で作ればOKです。

sp
  • このエントリーをはてなブックマークに追加