日焼け止めのSPFやPAの意味と違い

[`evernote` not found]
LINEで送る

日焼け止めのSPAとPA

日焼け止めに書かれている、SPFやPA。

SPF30、SPF50、SPF100やら、
PA+、PA++、PA+++なんてのがあって
数字が高かったり、+がいっぱいあるほうが
日焼け止め効果が強そうですが、
どのような基準で選んでいますか?

sp


SPFやPAが高いものを使ってさえいれば
日焼け止め対策はいいのかどうか、
選び方と塗り方を調べてみました。

日焼け止めのSPFとPA

SPFは、紫外線の中でも、
皮膚を赤くさせたり、ヒリヒリさせたりする
肌表面へ作用するUV-Bの防止効果を表すものです。

数字は、紫外線を浴びてから
皮膚が赤くなるまでの時間を
何倍にのばせるかを表しています。

たとえば紫外線を浴びてから30分で
皮膚が赤くなる人の場合、
SPF20の日焼け止めを使用すると、
赤くなるまでの時間を約20倍、
30分×20倍=600分(10時間)
伸ばせるようになるということです。

sp


PAは、シワやたるみの原因となる、
真皮にまで影響を及ぼすUV-Aの
防止効果を表すものです。

「+」の数でUV-Aの防止効果を表していて、
日常的な、ちょっとした短時間の
お出かけなどの場合は++、
天気が良い日の屋外レジャーや、
海やプールで遊ぶときは+++以上のものを
選ぶようにします。

⇒ SPF50+PA++++のびがいい乳液タイプの日焼け止め


日差し

日焼け止めを塗る際の注意ですが、

・適量を塗る

最近の日焼け止めはのびが良くて、
少量で広範囲に塗ることが可能ですが、
自己判断せず、必ず商品に書かれている
適量を使うようにしましょう。

日焼けしやすい突出部分、
肩や鼻や頬などには、
さらに重ねづけすることもおすすめです。


・塗りなおす

SPF50やPA+++を使っていても、
1日1回塗るだけでは不十分で、
2時間に一度は塗り直す必要があります。

また、汗をかいた後や泳いだ後には
塗り直しは必須です。


・洋服の下の肌にも塗る

薄手や薄い色の夏服は、紫外線を通してしまいます。
洋服で隠れている部分にも塗りましょう。

sp
  • このエントリーをはてなブックマークに追加