関東の紅葉、10月中旬から楽しめる名所スポット

[`evernote` not found]
LINEで送る

紅葉

早くも10月中旬から色付き始め、
一足早く紅葉を楽しめる
関東地区の紅葉の名所をご紹介します!

sp

10月中旬スタートの紅葉で秋を先取り!

近頃の夏は、記録的な
猛暑の日々が続いたかと思ったら
突如気温が下がったりして、
年々季節感がおかしくなりそうな
気候になっていますね(^^;

でもやはり、
秋の気配がただよいはじめると、
金木犀や桔梗、ヒガンバナやコスモスなど、
秋らしい花が次々に咲いて、
秋らしさを楽しませてくれます。

関東地区では、10月中旬ごろから、
山の上の方にある紅葉が色付き始めます。

まわりに緑の葉の木々があるなかに
部分的に色付き始めた紅葉は、
赤と緑のコントラストがキレイですよね!

一足速く、10月中旬から色付きが始まり、
先駆けの紅葉が楽しめる
関東地区の名所・スポットをご紹介します!

筑波山(茨城県つくば市)

男体山・女体山の2峰からなる
日本百名山のひとつ、筑波山。

見晴らしがよくて、関東平野を一望できる
人気の紅葉スポットです。



筑波山の紅葉する木々は、
ブナ、イロハモミジ、マユミ、
ミズナラ、ウルシ、シデ、
イロハカエデ、ウリハダカエデ、
オオモミジ、ヌルデ、ツタなど
多種多様な色合いが楽しめます。

とくに紅葉の見所となっているのは、
筑波山ケーブルカーの宮脇駅周辺と、
宮脇駅のそばにある筑波山神社、
筑波山山頂です。

山頂へは登山コースを登れるほか、
ケーブルカー、ロープウェイを利用して
山頂付近まで楽にいくことも
できるようになっています。



交通アクセス:

【電車】
つくばエクスプレスつくば駅から直行筑波山シャトルバス約40分「筑波山神社入口」下車、または約50分「つつじヶ丘」下車
JR土浦駅からつくばセンター行き路線バス約25分「つくばセンター」乗り換え、直行筑波山シャトルバス約40分「筑波山神社入口」下車または直行筑波山シャトルバス約50分「つつじヶ丘」下車

【車】
常磐道土浦北ICから筑波パープルラインまたは国道125号経由約40分
北関東道桜川筑西ICから県道148号経由約40分

八溝山(茨城県・久慈郡大子町)

茨城、福島、栃木の県境にそびえる
標高1022mの八溝山(やみぞさん)。

ブナやナラなどの原生林が色づく
手つかずの自然の宝庫です。



雄大な眺望を誇り、
那須連山や富士山まで望める
山頂の展望台をはじめ、
八溝嶺神社、日輪寺、八溝川湧水群など
見どころも豊富です・

八溝山に生えている紅葉する木は、
カエデ、ウルシ、シラキなどで、
おすすめスポットは八溝山展望台周辺です。



交通アクセス
【電車】
JR常陸大子駅からバス約50分「蛇穴」下車徒歩約2時間30分
【車】
JR常陸大子駅から山頂まで車で約50分
常磐道那珂ICから国道118号経由約1時間50分

sp


軽井沢・見晴台(群馬県安中市)

寒暖差がある軽井沢の紅葉は、
カエデやツタが赤く、
カラマツや白樺が黄色く染まり、
山々や町全体が、色とりどりに彩られ
見事なものです。

旧碓氷峠にある見晴台は、
長野県と群馬県の境に位置し
旧軽井沢から歩いて行ける
絶景の紅葉スポットです。



おすすめは、標高約1200mにある
見晴台へ続く「旧碓氷峠遊歩道」と
呼ばれる遊歩道です。

舗装された道が、
途中からは自然のままの道になり、
軽井沢の自然が満喫できます。

遊歩道のハイキングルートの
地図は、観光会館や駅の観光案内所で
入手できます。

1時間ほどの道のりで、
上州三山、日光連山、南アルプス
浅間山、妙義連峰等の
雄大な山並みの大パノラマが
ゴールに待っています。

また、見晴台入口付近の
旧中山道沿いには
峠の茶屋が並んでいて、
名物の力餅やお蕎麦が味わえます。



交通アクセス
【電車】
JR長野新幹線軽井沢駅から車約15分
【車】
上信越道碓氷軽井沢ICから約35分

中津峡(埼玉県秩父市)

荒川の源流のひとつ、中津川。

南天山と白泰山のせまるあいだを縫い、
岩石をけずり、標高600mの上流に、
約10kmにわたる深い谷間を形づくり、
100メートルにもおよぶ絶壁もあります。



原生林に覆われ、カエデ、ナナカマド、
ブナ、ツツジ類の紅葉で
渓谷が赤や黄色の木々に彩られる景色は
奥秩父随一の美観と称賛され、
埼玉県の名勝地に指定されています。

おすすめスポットは持桶女郎モミジ、
大滑トンネル、永世戸山の紅葉。

大滑以降から中津川の紅葉は
特におすすめです。



アクセス
【車】
関越自動車道花園ICから国道140号を経由し、県道210号を中津川方面へ60km
【電車】
秩父鉄道三峰口駅から西武観光バス中津川行きで50分、相原橋下車すぐ

奥多摩湖畔(東京都西多摩郡)

奥多摩湖は、多摩川を
小河内ダム(おごうちダム)によって
堰き止めて造られた、
東京都と山梨県にまたがる
周囲45kmの人造湖(貯水池)です。

湖畔の遊歩道を散策すると、
雲取山、川苔山、御前山など
周囲の山々のカエデ、モミジ、
イチョウ、サクラの紅葉が湖に映り、
絶景です。



おすすめのスポットは、
むかし道、山のふるさと村。

ダム脇の遊歩道の
いこいの道、見はらしの丘。

奥多摩周遊道路の
月夜見第一駐車場などです。



交通アクセス
【車】
中央自動車道八王子ICから国道411号を奥多摩方面へ40km
【電車】
JR青梅線奥多摩駅から西東京バス2番線乗場奥多摩湖、丹波、小菅の湯、鴨沢西方面行きで16分、奥多摩湖下車すぐ

まとめ

秋になり、からっとした空気で
遠くまで見渡せる中、
青空をバックに
色付き始めた紅葉を眺めたり、
雨のそぼ降る中、
しっとりと落ち着いた色の
紅葉を眺めたり。。

色々な紅葉を楽しみたいですね!
一足早く、秋の紅葉を満喫してください^^

sp
  • このエントリーをはてなブックマークに追加