うろこ雲といわし雲はなにが違う?

[`evernote` not found]
LINEで送る

雲

からっと晴れ渡る秋の空に
たくさんの小さな雲が。。
それはうろこ雲? いわし雲?

sp

うろこ雲vsいわし雲

秋の天気のよい日に
友人と歩いていて、
ふと空を見上げると、
真っ青な高い空に、小さな雲が
たくさん浮かんでいました。

私「おお! うろこ雲!」

友人「おお! いわし雲!」

うろこ雲がいわし雲かでしばし言い合い、
どちらも一歩も譲らず(笑)

決着は調べてつけることにしました。

(・・いわし雲だったらどうしましょう(笑))

巻積雲(うろこ雲・いわし雲・さば雲)

天高く馬肥ゆる秋

といいますが、高い位置に発生しているように
見える雲を巻積雲(けんせきうん)と言います。

高度は5~15kmとのことですが、
そういわれてもわかりにくいですね(^^;

ただ、うろこ雲やいわし雲と呼ばれる
小さな雲がたくさんある雲は、
とても高い位置にあるように見えます。

これがどうやら巻積雲のようです。

巻積雲は、その形によってさらに細かく
  • 層状雲
  • レンズ雲
  • 塔状雲
  • 房状雲
に分類されることがあります。

うろこのような無数の塊の雲になるのは、
層状雲が放射冷却で冷却されることで
細胞状対流(ベナール対流)というものが
起きることでできるそうです。

この小さな無数の塊の雲が
  • うろこ雲
  • いわし雲
  • さば雲
などと呼ばれています。

うろこ雲は小さな塊、
いわし雲はやや細長い形、
さば雲は、サバの柄のようなものを呼び、
違いはないそうです。






うろこ雲・いわし雲・さば雲は
広い地域でほぼ年中見られる雲ですが、
日本では、台風や移動性低気圧が多く近づく
秋に特に多く見らるので
秋の象徴的な雲だとされ、
秋の季語にもなっています。


温暖前線や熱帯低気圧の接近時には、
刷毛で白いペンキを伸ばしたような、
繊維状の細い雲の巻雲の次に
巻積雲が現れるので、
順番にこの2つの雲がみられると
天気の悪化が近づいていると言えます。

sp


高積雲(まだら雲・ひつじ雲・むら雲)

小さな塊状の雲片が
群れをなしている雲には、
巻積雲の層状雲だけではなく、
高積雲(こうせきうん)にもあります。

斑状や帯状の形をつくり、
白色で一部灰色の陰影をもつ雲で、
  • まだら雲
  • ひつじ雲
  • 叢雲(むら雲)
などと呼ばれています。

そういえば、うろこ雲ほど高くない位置に
ぽわぽわと浮いている雲は
ひつじ雲と呼びますし、
月に千切れた雲がかかっているのを
月にむら雲なんて言いますね。




高積雲は、高度が2~7km程度で、
巻積雲よりもかなり低い位置にできます。

高積雲と巻積雲の見分け方ですが、
いわし雲やうろこ雲の巻積雲は、
1つ1つの塊が小さく、
雲が薄くて太陽の光が透けるので、
影が出来ず、真っ白です。

まとめ

高い位置に薄くて真っ白で
小さな塊がたくさん見えるのが巻積雲で、
見た目でうろこ雲かいわし雲かさば雲と
勝手に呼んでしまっていいようですね。

私と友人の雲対決は引き分けでした(笑)

sp
  • このエントリーをはてなブックマークに追加