ノロウイルスにかからない血液型はA型・B型・O型・AB型、どれ?

[`evernote` not found]
LINEで送る

ノロウィルスと血液型

各地で猛威をふるい、
集団感染が発生している
ノロウィルスですが。。

血液型によって
ノロウィルスに
感染しない人がいるの!?

sp

新型ノロウィルスの脅威

毎年のように全国各地で
ノロウィルスの集団感染の
発症がニュースになります。

ノロウィルスは、
ウィルス性疾患なので、
一度感染すると免疫ができて
かかりにくくなるはず。

それなのに、今年も
ノロウィルスに感染する人が
いるのは、ノロウィルスが
進化して新型ノロウィルスに
なっているためなんです。

これまでは「GII.4」という
型だったノロウィルスが
2015年2月からは、
「GII.17」という
新型に進化しています。


私の友人一家も、
昨年、子供が集団感染して
友人夫妻も2次感染し、
今年も、一度感染して
免疫ができているはずの
友人の子供がまた
ノロウィルスに
感染してしまいました。
【関連記事】ノロウィルスに家族が感染!家庭内の2次感染を防いだ方法

新型に進化していく
ノロウィルス、これでは、
いつまでたっても
ノロウィルスに感染する
可能性が消えません。

そんな矢先、
血液型によって、
ノロウィルスに感染しない!
という話を知りました!

ノロウィルスと血液型の関係

こちらの報告書を
参考にしています。

ノロウイルスと血液型抗原
白土(堀越) 東子, 武田 直和
1) 国立感染症研究所ウイルス第二部
公開日 2008/06/05


食べ物による
ノロウィルスの
集団感染の発症の際に、
同じ物を食べていながら、
人によって発病したり
しなかったりする事があります。

このことから、
ノロウィルスに
感染するかどうかは、
ヒトの遺伝因子
(遺伝子・表現型)に関係する
可能性があります。


ノロウィルスは
人の体内に入ると、
小腸で大量に増殖してしまい、
その大量のウイルスを
体内から排出するために
下痢や嘔吐といった
ノロウィルスならではの
症状を発症します。

近年の研究で、
小腸でノロウィルスが
付着するのが、小腸粘膜にある
血液型抗原」だということが
わかってきています。

「血液型抗原」とは、
まさに血液型を
決定しているものです!

やはりノロウィルスの
感染には、血液型に
関係があるのかも!?

sp


A型・B型・O型・AB型、どれ?

ノロウィルスには、
2015年の2月に
「GII.4」から「GII.17」に
進化して別種になったように、
たくさんの種類があります。

ノロウィルスの一種の、
ノーウォークウイルス種
というものは、
厚生労働省食中毒統計による
2006年の食中毒報告患者数で、
感染者のうちの71%が
ノーウォークウイルス種に
感染していたほどの
メジャーなノロウィルスです。

このノーウォークウイルス種では
ヒトへの感染においては
血液型で感染率に差があり、
A型とO型は罹患しやすく
B型とAB型は罹患しにくいことが
報告されています。


A型とO型の人は残念><
B型とAB型の人には朗報!
ということ!?

ところが。。


近年流行していた
GII.4遺伝子型株は、
血液型抗原への
結合力が強く、
血液型に関係なく感染
してしまいます。

今年流行しているのは
GII.4から進化した
GII.17です。

GII.17の血液型に関する
研究はまだなされて
いないのか、関連資料を
見つけられませんでしたが、
血液型抗原への
結合力が強く、
血液型に関係なく
感染してしまう
GII.4から進化して
いるそうなので、
現在流行中の
新型ノロウイルスに対しては、
血液型の違いによる
感染しやすさの差は
期待できなそうです。

ABO型以外の感染しやすさの違い

血液型には分泌型と言って、
唾液などの分泌液中に
血液型抗原が検出される人と
非分泌型という、
検出されない人がいるという
分類もあります。

この分類を、
『ルウィス式血液型』といって、
Lewis(a-b+)
Lewis(a+b-)
Lewis(a-b-)
の3種類あります。

Lewis(a+b+)の人はいません。

Lewis(a-b+)と
Lewis(a-b-)の一部の人は
分泌型です。

Lewis(a+b-)と
Lewis(a-b-)の一部の人は
非分泌型です。

日本人は、
概ね8割が分泌型で、
2割が非分泌型です。

ノーフォークウイルス種だと
非分泌型の人は、
抗原が小腸の粘膜でも発現せず、
ノロウイルスに
感染しにくいという
情報があります。

ただこちらも前述通り、
ノロウィルスには
たくさん種類がある上、
今流行しているのは、
血液型抗原への
結合力が強く、
血液型に関係なく
感染してしまう
GII.4から進化している
GII.17なので、
非分泌型でも果たして、
ノロウィルスに耐性が
強いのかどうか。。

ノロウィルス対策のまとめ

ということで、
ノーフォークウイルス種
というノロウィルスに関しては、
ABO式やルウィス式の
血液型の違いによって
ノロウィルスの
感染しやすさに
差がありますが、
現在流行している
GII.17ノロウィルスには、
血液型による
感染しやすさの違いは
見受けられないようです。

ノロウィルスは、
とにもかくにも予防徹底ですね!
【関連記事】
2015新型ノロウィルス流行、これまでのノロとは何が違うの?
ノロウィルスを消毒・殺菌する方法
ノロウィルス対策のヨーグルトは指名買いしないと効果なし

sp
  • このエントリーをはてなブックマークに追加