ビアードパパの塩バニラシュークリームを食べました^^


ビアードパパの塩バニラ1

ビアードパパの
2016年8月の
季節限定シュークリームは
「塩バニラ」です。

すっかりおなじみになった
塩スイーツですが、
ビアードパパの塩バニラは
どんな感じだったか
レビューします^^

sp

塩バニラとは?

ビアードパパの
Webサイト情報によると、

アルペンザルツの岩塩で二度焼きしたシュー生地と、濃厚なミルク感のバニラクリームとの絶妙なハーモニー。暑い夏にぴったりな、ソフトクリームの様な味わいをお楽しみください。


とのこと。


アルペンザルツと言えば、
よく見かけるこれですね^^




この塩は、
均一な細かい粒で、
サイズ細かいながら
湿気で固まることがなく、
いつまでたっても
パラパラと振り掛けやすくて、
便利な塩です。

なんでも
2億5千万年前に形成された
ドイツアルプス山脈の
ふもとにある
バート・ライヒェンハルの
天然の岩塩層から
作られているとのこと。

マイルドで旨みがあって
美味しいんですよね^^

しかも価格もお手ごろ( *´艸`)


ビアードパパの塩バニラには
このアルペンザルツが
使われているとのことで
期待が高まりますw

塩バニラのレビュー

見た目はこんな感じです。

ビアードパパの塩バニラ1


粉砂糖がふりかかった
ノーマルな感じの
シュークリームです。


よく見ると、
粉砂糖の下に
半透明の液状のものが
タラ~っと垂れてます。

これが塩の部分でしょうか?



中のクリームは
こんな感じです。

ビアードパパの塩バニラ2

ものすごーく柔らかい
真っ白なクリームです。


食べてみると、
ソフトクリームの味!

バニラフレーバーで
ちょっと甘ったるい感じの
あの味です。

でも塩バニラのクリームは、
さっぱり味が多い
ビアードパパの
シュークリームならでは
という感じで、
甘すぎずさっぱりです。


ですが・・

肝心のアルペンザルツの
塩の味が
感じられませんでした><

一度、かすかに
塩気を感じたんですけど、
そのかすかな塩味のとき、
ソフトクリーム味の
バニラクリームがひきたち、
美味しくいただけました^^


もっと塩味を前面に
押し出してもよかったかと。

塩バターロールとかって、
塩粒がパンの表面に
ついてたりしますが、
あんな感じで、
シュークリームの表面に
アルペンザルツの結晶粒が
まんまくっついているくらいの
勢いでもよさげです。

去年に引き続き登場して、
人気があるように見受けられる
塩バニラ。

来年も登場するようでしたら、
アルペンザルツの
塩をもっとがっつりで
お願いしたいです^^

塩バニラのカロリー

気になる塩バニラの
エネルギー熱量ですが、
293kcalです。

sp
  • このエントリーをはてなブックマークに追加