生姜粉末の効果・効能が活かせるおすすめ4種と使い方

[`evernote` not found]
LINEで送る

生姜


世界各地で古くから、
風味のよい調味料として、
また薬や予防薬として
使われてきている生姜。

その生姜が粉末状になっていて
使い勝手がいい生姜粉末ですが、
生姜の効果・効能を
より活かせるものをご紹介します^^

sp


生姜の効果・効能


生姜はよく、
体を温めてくれる効能があって
冷え性にいいとか、
殺菌効果で食中毒を予防し、
お料理の保存効果がある、
免疫力がアップする、
などとききます。

生姜に含まれている成分を
調べてみると驚きの効果が
あるのです。


生姜には、スーパーなどで
よくみかけ、国内生産量の
90%を占める大生姜や、
黄金生姜、三州生姜、酒井紅など、
様々な種類があり、
生姜の種類によって
含まれている成分や量が違います。

また、生の生姜と
加熱処理した生姜では
含まれている成分が変わり、
効果も違ってくるのです。

生姜の効果・効能を活かすには
生姜粉末を選ぶときに
チェックしておきたい
ポイントがあります。


まずは生姜の成分について
みてみましょう。

生姜に含まれている注目の成分


様々な成分が含まれている
生姜ですが、効果・効能がある
成分として特に注目したいのが、

  • ジンゲロール
  • ショウガオール
  • ジンゲロン

の3つです。



このうち、

  • ショウガオール
  • ジンゲロン

の2つは、
生姜を加熱することで
ジンゲロールという成分が
変化してできるのです。


sp


ジンゲロール


生の生姜に含まれている
ジンゲロール。

すりおろした生姜などには
ピリッとした辛さがありますが、
あれがジンゲロールで、
生姜らしさを醸しだしている
成分です。

ジンゲロールには
血管を拡張させる作用があり
血行不良による
肩こり、頭痛、冷え取りなどに
効果がでやすいものです。

生姜が入っている飲み物や
お料理を食べると
カラダがぽかぽかしてきますが、
ジンゲロールの効能で
血行がよくなることにより
効果がでていたんですね。



また、殺菌作用があり、
胃腸の調子を整えたり、
風邪や食欲不振にも効果があります。

抗酸化作用や
免疫力を高める作用もあり、
老化防止や健康の維持にも
期待できます。


そのジンゲロールですが、
生姜を100℃以下の温度で
加熱したり蒸したりして
乾燥させると、より辛みの強い
ショウガオールと
ジンゲロンという成分に
変化します。

ショウガオールとジンゲロン


ショウガオールは乾燥や加熱によって
ジンゲロールの一部が熱をつくり出す
働きをもつ成分に変化したもの。

もともと生姜がもっている
抗菌作用、抗酸化作用がアップし、
腹部の血行を高めるため、
身体を芯から温め、
温活にもなります。



ジンゲロンにも血行を促進し、
体を温めて冷えを改善する
働きがあります。

血行がよくなると代謝がよくなり、
便通をよくする効果や、
脂肪を燃焼しやすい体にして
ダイエットになることも
期待できます。

生姜の成分の摂り方


お寿司のよき相棒の
生姜の甘酢漬けのガリや、
生姜のすりおろしを
冷奴に乗せて食べるなど、
生のままの生姜を摂取すると、
ジンゲロールがたっぷり摂れて、
血行不良の改善や殺菌作用、
抗酸化作用や免疫力アップの
効果が期待できます。


中華料理などの炒め物に使ったり、
肉のブロックを生姜や葱などの
薬味と一緒にじっくり煮込むなど、
加熱した生姜には
ショウガオールとジンゲロンが
含まれるようになり、
血行の促進や代謝のアップの
効果がよりアップします。

冷え性対策でしたら、
加熱した生姜の摂取が
おすすめです。

効果3倍の黄金生姜




スーパーや八百屋さんで
普通の生姜より
ちょっとお高めだったり
小ぶりの容量で販売されている
ことが多い黄金生姜。

身の色が普通の生姜より
かなり黄色い生姜です。


普通の生姜は、すりおろして
少し時間が経つと
ちょっと色が変わってきて
しまいますが、
黄金生姜は黄色い色が
長持ちします。

また、黄金生姜は
繊維分が少なくて
すりおろすのが楽です。

この黄金生姜には、
生姜のスーパー成分の
ジンゲロールが
普通の生姜の3倍近く
含まれています。

生姜の効果・効能に
期待するなら、
この数字は見逃せません^^

自家製生姜粉末の作り方


生姜を乾燥させることによって
ジンゲロールが
ショウガオールと
ジンゲロンになり、
生姜の成分ががさらに
パワーアップします。

さらに、痛みが早い生姜を
長期間保存できるようになります。

この、便利な乾燥生姜ですが、
家庭で簡単に作れます。


作り方は、生姜を皮付きのまま
薄くスライスします。

スライサーを使うと簡単です。





そのスライスした生姜を
天日干ししたり、
低温のオーブンでじっくり焼いて
乾燥させます。

天日干しの場合は
生姜をざるにのせて、
昼間は天日に当て、
夜間は室内に入れながら
3日程乾燥させます。

オーブンの場合は、
天板にスライスした生姜を並べ、
80度にセットして1時間程焼きます。



どちらも干からびた状態になり、
生の時より重さが1/10くらいに
なるのが完成の目安です。


できあがった乾燥生姜は、
フードプロセッサーや
ミルサーで粉砕したり、
あたり鉢ですれば、
使いやすい粉末状になり、
手作り生姜粉末になります。


粉末にせずに、
そのままお湯に入れて
ジンジャーティーにしたり、
刻んでお料理に入れたり、
便利に使えます。


黄金生姜で乾燥生姜を作れば、
もともと大量のジンゲロールが
含まれているので、
生姜の成分効果がたっぷりになります。

乾燥生姜の難点


生姜成分パワーが
ぎゅっと詰まっている
乾燥生姜なんですが、
いくつか難点があります。


生姜を乾燥させると、
生の生姜から水分が飛んで
1/10になってしまうので、
1パック程度の生姜を使って
乾燥生姜を作っても
たいした量にはなりません。




多めの生姜で作ると、
スライスするのも、
乾燥させるのもなかなか大変で、
作るのに少々手間がかかります。



また、もともと生姜は
繊維がすごくて、
おろし金で卸すのも
大変なほどですが、
乾燥させて水分がなくなることで
乾燥生姜は、繊維の塊のような
ものになります。

包丁で簡単に切れますが、
かなり粗い繊維質です。

フードプロセッサーや
ミルサーなどで粉砕しても、
家庭用家電品のパワーでは
細かい繊維の粉になり、
粉末にはなかなかならず、
水で溶いたりはできません。



そこで便利なのが、
乾燥生姜を微粉末にしてあり、
簡単に溶かせる生姜粉末です。


生姜粉末のおすすめ4種


熱を加えて乾燥させてあり、
ショウガオールやジンゲロンの
成分がしっかり入っていて、
安心の国産品の物を紹介します。

また、微粉末に粉砕されていて、
水に簡単に溶けて
使い勝手がいいものを選んでいます。






高知県産 土佐一100% ジンジャーパウダー

⇒ レビュー・口コミ


味気ないパッケージなんですが、
100gで1,000円
(メール便で送料無料)の
お手軽価格になっています。

生姜の生産量日本一の高知県の
辛味や香りがマイルドでくせがない
在来種生姜「土佐一」を使っています。

生姜の辛味が苦手な方や、
飲み物やお料理の味や香りの
じゃまにならないものを
お探しの方におすすめ。

生姜の辛味レベル:1






国産 生姜粉末(高知県産)土佐一生姜

⇒ レビュー・口コミ

減農薬栽培の
高知県産の「土佐一」生姜
13gを乾燥させて1gの粉末が
できる割合で作られています。

濃縮されていて、
マイルドな土佐一生姜が
材料でありながら、
辛味や風味がしっかりしています。

生姜の辛味レベル:2






高知県産黄金しょうが100% しょうが粉末

⇒ レビュー・口コミ


生姜成分が普通の生姜の
3倍濃い「黄金生姜」の
粉末です。

高知県内の自社管理の畑で
収穫されている安心品質の
黄金生姜が使われています。

生姜らしい香りや刺激があり、
生の生姜同様に
お料理にも幅広く使えます。

生姜の辛味レベル:3







金時生姜粉末

⇒ レビュー・口コミ


生姜の有効成分である
辛味の成分ジンゲロールが
生姜の中でダントツに高く、
生姜の王様とも呼ばれることのある
「金時生姜」。

苦味と辛さで食べられるものではなく、
金時生姜は食用としては流通しておらず、
サプリメント等に使用されています。

無農薬栽培の金時生姜で
作られている生姜粉末です。

辛味がかなり強く少量で効果抜群、
生姜の辛味や刺激が大好きという方には
クセになる味です。

生姜の辛味レベル:4

生姜粉末の使い方


生姜料理の定番、
豚肉のしょうが焼きなら
砂糖・醤油・みりん・お酒と
ともに生姜粉末をふりかけるだけでOK。


鶏のから揚げや中華料理、
ジンジャークッキーなど、
生姜を使う定番料理も
生姜粉末を生姜のかわりに
使えます。


微粉末で簡単に解けるので、
お鍋やお味噌汁に入れても
さっと溶け込んでしまいます。


冷え取りレシピの定番、
生姜紅茶にするなら、
紅茶に生姜粉末と黒糖を入れて。




フジテレビ「その原因Xにあり」で
ぽっこりお腹の原因の
『むくみ腸』を改善する効果があると
紹介された生姜ココアは、

<材料>
・お湯…200ml
・ピュアココア…5g(小さじ2杯半)
・皮ごとすりおろした生姜…5g(小さじ1杯)
・ハチミツ…小さじ2杯半

<作り方>
①ココアをお湯でとかす
②生姜を入れる
③ハチミツで甘みをつける

というレシピで、
朝晩1杯飲むといいとのこと。

その都度、生姜をすりおろすのは
大変ですが、生姜粉末ならお手軽です。


暑い時期なら、炭酸水に
生姜粉末とハチミツを溶かし、
レモンを絞れば
さっぱりとした
ジンジャーエールが作れます。

まとめ


血行をよくし、
抗酸化作用や免疫力のアップの
効能もある生姜。

生姜が入っている料理を食べると、
お腹のなかがぽかぽかして
体が温かくなり、
効果がすぐにわかります。

生姜粉末なら
毎日手軽に生姜を取り入れられ、
体質改善が継続しやすいですね^^

sp
  • このエントリーをはてなブックマークに追加