ハロウィンの装飾、ジャックオーランタンで埋め尽くそう!

Pocket
LINEで送る

ジャックオーランタン

ハロウィンの飾りつけというと、
お化けやらクモやらキャンディー、
魔女、黒猫、ガイコツ。。

いろいろありますが、
ジャックオーランタンに
とことんこだわってみましょう!!

sp

ジャックオーランタンで家中を飾りつけ!



2015年、私が一番気になっているのは、
この、コイル状に吊るせる
ジャックオーランタンです。

天井に貼り付けまくって、
のれんのようにくぐって回りたいです(笑)





10球入りの屋内用パンプキンライト。
鈴なりな感じがたまらないです。





笑顔がこぼれる、その名も
スマイリージャックオーランタン。

海外のハロウィンって
血まみれだったりして
ちょっとおどろおどろしい感じですが、
日本のハロウィンは明るくて
陽気な仮装イベントになってますよね(笑)





先ほどのスマイリーは9インチ(約23cm)で、
こちらのスマイリーは5インチ(約13cm)です。

並べてもいいし、重ねてもいいし。。






サイズは(約):幅7×奥行7×高さ6cm。
けっこう小さめです。

「トリックオアトリート!」
と小さい悪魔が訪ねてきたときに、
アメやクッキーを入れて
渡してあげたいですね




色違いもあり。


sp





スマイルミッキーのランタン。

丸い耳が2つつくと、
カボチャですらミッキーに見えてしまう。。
偉大なデザインです。

しばらくディズニーシリーズいきます!




ゴーストになってしまったミッキー。





これちょっと、ミニーちゃんなのに
口が裂けすぎでは。。





ドナルド、カボチャのベレー帽が可愛いです。




スティッチは基本的にハロウィンな
デザインだったんですね。

オレンジにして口をギザギザにしただけで
あまり変わってないのにハロウィンです(笑)





プーさん、線が入っているのが
微妙にかぼちゃのようですが、
それほどハロウィン風に
デフォルメされてないですね。
これでしたら一年中使えます。





不思議の国のアリスのチェシャ猫。
スティッチ以上に元々から
ハロウィンチックだったのでした。。


・・道を外れてました、ジャックに戻ります。





温州みかんに見えるのは
私だけでしょうか。。





ヘリウムガスを入れて、
部屋の上空をこの風船で埋め尽くしたいですね。





玄関にはこれを配置して
お客様をお出迎え。





バルーンです。
歯の欠け具合が絶妙です。





これもバルーンです。
ハロウィンの正統派という佇まい。





これを着て許されるのは
かわいいお姉さんだけでしょうね。。




これなら誰が着ても許されそうです。





マント・・だそうです。
私は富士山にまで
ハロウィンコスプレさせたのかと。。





コスプレの基本・・といった感じ。




可愛いようでいて、実は毒々しいのかも?





この大きさはいい!!
1年中出しておきたいサイズです。


・・ということで、部屋中がカボチャというのも
なかなか乙な物ではないかと思います(笑)

ジャックオーランタンの物語

ジャックオーランタンとは
そもそも何なのかご存知でしょうか?

ランタン持ちの男とか提灯ジャックなんていう
名前もある伝承上の人物で、
アイルランドやスコットランドに伝わる
鬼火のような存在の事です。

大酒のみの飲んだくれのジャックが、
悪魔をだまして、死んでも自分の魂を
とらないという契約を結びます。

死後、生前の行いの悪さから
天国へ行けず、また、悪魔との契約により
地獄に行くこともできず、
悪魔からもらった石炭を火種にし、
萎びて転がっていたカブをくり抜いて
火を入れてランタンにし、
ランタンを片手に彷徨っているのだそうです。

そのカブが、いつのまにやら
カボチャになったそうで、
となるとやはり、ジャックオーランタンは



少なくともこんな感じで、間違っても



スマイリーじゃないはずなんですけど、
ま、楽しいのがいいですね^^

sp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする