台風の影響による航空機の欠航・遅延情報まとめ

Pocket
LINEで送る

空港

台風の影響ででている
航空機の欠航・遅延情報の
情報をまとめています。

sp

国内の航空会社の遅延・欠航情報ページ

JAL(日本航空)


JTA(日本トランスオーシャン航空)と
琉球エアーコミューターも確認できます。

⇒ 運航の見通し(国内線)
⇒ 運航の見通し(国際線)
⇒ 運航情報をTwitterで配信中  JAL 運航情報【公式】

ANA(全日空)

⇒ 運航状況のご案内(国内線)
⇒ 運航状況のご案内(国際線)
⇒ 運航の見通し情況をTwitterで配信中 ANA公式

スカイマークエアライン

⇒ 現在の運航状況

ソラシドエア

⇒ 運航状況・運航の見通し

ピーチ航空

⇒ 運航状況
⇒ Twitter Peach運航情報(日本語)

ジェットスター

⇒ 欠航便のお知らせ

バニラエア

⇒ 運航状況

北海道エアシステム

⇒ 運航情報

AIR DO(北海道国際航空)

⇒ 運航の見通し

スターフライヤー

⇒ 運航状況

フジドリームエアラインズ(FDA)

⇒ 運航状況

sp


フライトレーダー24

⇒ フライトレーダー24

世界中のリアルタイムの飛行機の
位置がわかります。

こちらで空港を調べると、
リアルタイムのフライトボードが
確認できます。

台風で飛行機が欠航になる基準

明確な基準はないそうです。

出発地、到着地、空路の天候、風速、
雲底高度(雲土地譲渡の距離)を
機長を中心として出発前の
ブリーフィング(打ち合わせ)

欠航にするかどうかが
決められる場合が多いそうです。

飛ぶ飛ばないの最終決定権は
パイロットにありますが、
各航空会社にはそれぞれ機種に応じた
判断マニュアルもあり、
ただ、台風直撃などの場合は
機長の判断以前に欠航を
航空会社が決定することもあるそうです。

台風は、10分間の最大風速が
17.2m/s以上の状況ですが、
航空機は、およそ風速18mを越えると
運航は厳しくなるそうです。

台風の影響を受けている
空港は厳しいということですね。

また、飛行機の種類、
離着陸するときの重さ、
機長が操縦するか副操縦士が操縦するか、
滑走路はぬれているか、
滑走路の長さはどうか、などによって、
飛行機ごとに細かい規定が
航空会社で定められているので、
飛行機の種類によっても条件が変わるそうです。

また、飛行機云々ではなく、
飛行場自体が閉鎖するケースもあります。

sp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする