茨城県の海水浴場、サメや台風で遊泳禁止や解禁に(8月16日)


海水浴

今年は、メジロザメやジンベイザメ、
シュモクザメなどが
茨城県だけではなく、鹿児島、静岡、
千葉、神奈川県で目撃されました。

sp


その影響で、各地の海水浴場で
遊泳禁止になったり、
網をはったり監視を強化して
安全対策をとって解禁になったりして、
あわただしい毎日でした。

今日(16日)が海水浴場のオープンの
最終日のところが多数あります。

せっかくの夏休みやお盆休みに
海に入れなかったり、
入水制限があった海水浴場もありました。

茨城県のサメですが、10日午前11時前、
茨城県警の警備艇が、鹿島港の防波堤から
東に200メートルの地点で、シュモクザメとみられる、
体長およそ2メートルのサメ1匹を確認したのを
最後にサメの目撃情報はでていません。

このままもう海水浴場には近づかず、
来年はサメの心配をせずに
たっぷり海で遊べる夏になるといいですね。





茨城県と、各地の市や町が
発表している海水浴場の遊泳禁止や
解禁の情報をまとめています。

茨城県の発表

⇒ サメの目撃情報等に伴う海水浴場の対応状況について(8月15日更新)

8月15日(土曜日)午後5時現在の情報

各海水浴場の明日の開設予定は以下の通りです。
なお,高波等による遊泳禁止も含まれております。

15日(土曜日)午後5時時点で遊泳禁止となっている海水浴場
鉾田市「大竹海岸海水浴場」

5日(土曜日)午後5時時点で条件付きで遊泳可能な海水浴場
ひたちなか市「阿字ヶ浦海水浴場」,「平磯海水浴場」
鹿嶋市「下津海水浴場」,「平井海水浴場」
神栖市「日川浜海水浴場」,「波崎海水浴場」


ひたちなか市「姥の懐マリンプール」につきましては,周囲を堤防で囲まれた海水プールのため,プール内が安全であることを確認のうえ,開場しております。

北茨城市,高萩市,日立市,大洗町の海水浴場については監視強化を行い,通常通り開設しております。



それぞれの市や町が発表している
情報の詳細を見てみます。

一部、茨城県の発表と
違っているところもあります。

大洗町

大洗町では、大洗サンビーチ海水浴場、
平太郎浜海水浴場、大洗海水浴場の
サメ防護網の設置が済み、
12日(水)以降、遊泳は解禁になっています。

波が高いときには「遊泳注意」となり、
監視員や、ライフセーバーから
指示が出るようになります。

⇒ サンビーチ海水浴場、サメ防護網再設置完了!(8月11日更新)

大洗サンビーチ海水浴場のサメ防護網については、台風14号の影響により、一時撤去しておりましたが、8月11日(火)午後に再設置しました。明日12日(水)より、遊泳を再開いたします。

なお、平太郎浜海水浴場については、8月8日(土)にサメ防護網の設置を完了しております。また、大洗海水浴場についても、8月8日(土)にサメ防護網を設置(一部高波の影響で未設置)しており、現在は監視を強化しつつ、遊泳を再開しております。

⇒ サーファーの皆様へ(8月11日変更点有り)

◆第1サンビーチ・第2サンビーチでのサーフィンについて
 これまで、海水浴期間中においても、海水浴場監視の時間前後【午前8時前及び午後4時以降、(状況により変更あり)】でのサーフィンは可能としておりましたが、8月7日(金)にサメ防護網を設置したことにより、終日禁止とさせていただきます。なお、サメ防護網撤去までの期間中の措置といたしますので、ご協力お願いいたします。

◆第3サンビーチでのサーフィンについて
 サンビーチのサメ防護網については、台風の影響により一時撤去しておりましたが、本日11日(火)午後、下記図面のとおり再設置いたしました。サーファー等の安全性を考慮し、「海の子下」の堤防(先端部分につなぎました)まで伸ばして設置いたしました。

以上、ご理解とご協力をお願いいたします。

大洗のサメ防護網の地図
大洗のサメの防御網
出典:http://www.town.oarai.lg.jp/~kankouka/asobu/info-2084-99_6.html
sp

鉾田市

鉾田市の大竹海岸海水浴場では、
サメ防護網で海水浴場の全面を囲えないため、
今シーズンは遊泳禁止となっています。

ただ、波打ち際でくるぶし程度まで
海に入って遊ぶことはできます。

⇒ 大竹海岸鉾田海水浴場の遊泳情報について

鉾田市内汲上海岸及び鹿島港付近(共に海水浴場エリア外)においてサメが確認され、現在、遊泳を禁止している「大竹海岸鉾田海水浴場」で設置を予定していたサメ対策用防護網につきましては、全面を囲むことが困難な状況であるため、今シーズンの防護網設置は行わないこととなりました。

遊泳者の安全を確保することが困難であることから、8月16日(日)までの海水浴場開設期間内の遊泳を「禁止」とさせていただきます。

※なお、遊泳は禁止となりますが、波打ち際でくるぶし程度まで水に入ることは可能です。
水に入られる際は、ライフセーバーの指示に従ってください。

鹿島市

⇒ 市内海水浴場の遊泳情報について(8月13日 15時16分更新)

鹿島市の下津海水浴場と平井海水浴場は、
12日にサメの防護網の設置が完了しました。

網に絡まる危険性があるので、
胸の位置までの入水制限がありますが、
13日から遊泳が解禁になっています。

下津・平井海水浴場は,8月13日(木)より遊泳禁止を解除いたします。

両海水浴場においては,近海でサメが確認されており,高波の影響によりサメ除けの網を設置できず,8月12日まで遊泳禁止としておりましたが,
12日に網の設置を完了し,13日(木),オープン前に網内の安全を確認いたしました。

ただし,網は応急的な措置であり,サメの侵入を完全に防ぐものではありませんので,
入水の際は,十分ご注意ください。
また,網に絡まる危険性があるため,遊泳条件を胸の位置までとし,サーフィンやジェットスキーについては,禁止とさせていただきます。

なお,高波の影響等により,遊泳条件が変わる可能性がございますので,予めご了承ください。
他の海岸においては,引き続きサメ回遊の恐れがありますので,入水をご遠慮ください。
ご不便・ご心配をお掛けしますが,ご理解とご協力の程,よろしくお願いいたします。
≪海水浴場開設期間≫ ~8月16日(日)まで
オープン時間(ライフセーバー監視時間):9:00~16:00
※期間終了後は,網を撤去いたします。入水の際は,十分ご注意ください。

神栖市

神栖市の日川浜海水浴場と波崎海水浴場は
12日から遊泳が解禁になっています。

⇒ 8月12日(水曜日)から海水浴場の再開について(8月12日更新)

鹿島港南防波堤先端付近でのサメの目撃にともない,8月10日(月曜日)から海水浴場を「遊泳禁止」とさせていただいておりましたが,その後,神栖市においては目撃情報がなく,また,監視員による監視体制の強化を実施することから,8月12日(水曜日)より海水浴場を再開いたします。
監視体制強化の内容
  • 水上バイク2台を沖に出し,走行および停留により監視します。
  • 監視塔および陸からの目視を実施します。

ひたちなか市

ひたちなか市の阿字ヶ浦海水浴場、
平磯海水浴場、姥の懐マリンプールは
遊泳が解禁になっています。

⇒ 8月16日(日曜日)も、市内海水浴場は通常オープンの予定です

ひたちなか市の3つの海水浴場(阿字ヶ浦海水浴場、平磯海水浴場、姥の懐マリンプール)は、8月16日(日曜日)も通常どおりオープンする予定です。

気象条件その他、安全性を確認しながら運営するため、遊泳に規制をかける場合もございますが、多数の皆様のご来場を心よりお待ちしております。 

北茨城市

北茨城市の磯原二ツ島海水浴場は
遊泳が解禁になっています。

まとめ(8月16日4時半現在)

条件付きで入水可能な海水浴場
※遊泳禁止ですが、波打ち際でくるぶし程度まで入水可能
  • 鉾田市(大竹海岸海水浴場)
※胸の位置まで入水可能
  • 鹿嶋市(下津海水浴場、平井海水浴場)

遊泳可能な海水浴場
※監視員やライフセーバーの指示に従ってください
  • 大洗町(大洗サンビーチ海水浴場、平太郎浜海水浴場、大洗海水浴場)
  • 神栖市(日川浜海水浴場、波崎海水浴場)
  • ひたちなか市(阿字ヶ浦海水浴場、平磯海水浴場、姥の懐マリンプール)
  • 北茨城市(磯原二ツ島海水浴場)
  • 高萩市、日立市の海水浴場

sp
  • このエントリーをはてなブックマークに追加