葛西臨海水族園のマグロ水槽がいよいよ復活するかも!?

Pocket
LINEで送る

葛西臨海水族園のマグロ

葛西臨海水族園のマグロが回遊する水槽で、
2014年12月から2015年1月にかけて
謎の大量死が発生し、たくさんのマグロが
泳ぎまくっていたのが、
生き残ったのはクロマグロが1匹だけに
なってしまっていました。

sp


そのマグロの回遊水槽が、
6月にも復活しそうな気配です!

マグロ群泳、6月にも復活

マグロの展示回復に向けて、
3月30日にアカシュモクザメ2尾、
4月1日にタカサゴ類約500尾を
マグロの水槽に入れて、
水槽内の環境の安定を確認してきたのですが、
飼育環境に問題はなく、
続いて、5月15日にハガツオ30尾、
5月22日にスマ30尾を
水槽に入れてみるそうです。

その経過を踏まえて、いよいよ6月中に、
クロマグロを水槽に入れる予定との事。

sp


でも、私がニュースを追跡していた限りでは、
大量死が起こったときには、
ウィルスが発見されたかも!?とか、
水槽の工事でストレスを与えたかも!?など
いろいろ類推されましたが、
結局原因は不明のままのようなんです。

残ったクロマグロに、なにがあったか
聞けるといいんですけどねぇ。。(ぉぃ

葛西臨海水族園のマグロの水槽は、
弾丸みたいなマグロががんがん泳いでいて
見ていてほんとに気持ちがいいのです。

また元気に泳ぎ回ってくれると
いいのですが。。

■葛西臨海水族園

住所:東京都江戸川区臨海町6丁目2-3
交通アクセス:JR京葉線葛西臨海公園駅から徒歩5分
休業日:水曜、祝日、10月1日の都民の日の場合は翌日休、年末年始休
営業時間:9:30~16:00(閉館17:00)
料金:一般700円、中学生250円、小学生以下無料
65歳以上は350円、5月4日、10月1日・10日は入園無料

sp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする