国勢調査のIDとパスワードが届いたら、どうすればいいの?

Pocket
LINEで送る

パソコン

国勢調査のパスワードが
記載された書類が
入っている青い封筒、
お手元に届きましたか?

sp

国勢調査の青い封筒が届けられましたが。。

ピンポーンとわが家に来訪者があって、
国勢調査の方と名乗られました。

あぁ、そんな時期か・・と思って
対応すると、いつもの調査票ではなく、
青い封筒を取り出し、
中身の書類を見せながら
インターネットで国勢調査の
情報の提出ができるようになり、
そのパスワードを持ってきたとの
説明でした。

私はインターネットで国勢調査が
できるようになったことを
知らなかったので、疑心暗鬼になり、

「インターネットで国勢調査をするんですか?」

「インターネットを使わないとできないのですか?」

「インターネットを使わない場合は
 どうすればいいのですか?」

などととたずねてみました。

私の知り合いの方が、
以前の国勢調査の時に
書類を配ったり集めたりする仕事を
請け負っていたので、
今回、青い封筒を持ってきてくださった方も
専門家ではないことは知っていました。

でも、一応きいてみたのですが、
私の質問に対しての回答はなく、
今は、青い封筒を配って、
IDとパスワードが書いてあることを
一緒にチェックしている、
という説明を繰り返していて、
どうすればいいかは
わかりませんでした。

インターネットで
調査票が提出できるようになったことは
テレビや新聞で何度も説明しています、と
おっしゃってましたが、
私、テレビも新聞もあまり見ないので(^^;

sp


今回の国勢調査について調べてみました

とりあえず青い封筒を受け取り、
調べてみたところ、
総務省の説明を見つけました。

⇒ インターネット回答|国勢調査2015 キャンペーンサイト‐ 総務省統計局

このサイトから、
IDとパスワードを使って
国勢調査のインターネット登録も
できるようになっています。


インターネットでの国勢調査の
説明の動画です。



日本の人口や世帯を調べるために、
政府が5年ごとに国勢調査を
実施しています。

記入漏れや一人暮らし世帯の
回収率アップを図ることを目指し、
今回から初めてパソコンや
スマートフォンを使った
ネット回答を全国で導入したそうです。

2015年の9月10~12日のあいだに
青い封筒が配られ、
それに記載されている
IDとパスワードを使って
9月10~20日の間に
インターネットを使って
国勢調査の情報を
提出することできます。

これにより、書類を印刷したり、
配ったり集めたりを
略せるようになっています。

1,000万人くらいの人に
インターネットで情報を
提出してもらうことを
見込んでいるそうです。

謎のニュース1 封筒の配り方

ちょっと様子を見ようと思っていると、
インターネットでの国勢調査について
立て続けにニュースがでました。


まずは青い封筒の配り方で
問題があったことです。

配布する際に、手渡ししながら
説明するのが基本なので、
青い封筒には封がされていません。

訪問した家が不在の場合は、
この封筒を二つ折りにし、
郵便受けからはみ出さないように
いれることになっていたそうです。

でも、封がされないまま、
郵便受けからはみ出した状態で
青い封筒が各戸に配布される事例が
多数あったとのこと。

書類に記載されているIDと
パスワードが第三者に知られると、
他人が本人のふりをして答える
「なりすまし」や、
回答済みの個人情報を盗み取られる
恐れもあるそうです。

さらに、国勢調査のサイトには、

9月10日(木)~9月12(土)すべての世帯に
インターネット回答用IDをお配りします。
みなさまのお宅を訪問し、
不在だった場合、連絡メモを配布します。

と書かれています。

連絡メモは配布されたのでしょうか。。

謎のニュース2 偽サイト登場

もうひとつ、国勢調査に関する
ニュースがありました。

国勢調査の“偽サイト”が登場したのです。

このサイトは、国政調査を運営する
総務省から削除依頼を受け、
すでに削除されています。

このサイトを作った方の説明では、
IDやパスワードを第三者に知られると
危険だということを知らせるために
作ったそうなんです。

偽サイトは、国政調査のサイトと
見た目はそっくりですが、
情報の登録はできません。

インターネットに詳しい人なら、
啓発をしているのだとわかるでしょう。

でも、インターネットに詳しくない人が
そのサイトを見たら、
かなり混乱すると思いました。

初めてのインターネットによる
調査の導入なので、
もともとも不安があるところへ、
偽サイトが登場したことで、
その不安がさらに増長したのでは
ないかと思います。

インターネットを使わない方法

インターネットを使って
情報を登録する期間は、
9月10~20日です。

その間に登録をしなかった人には、
9月26~30日の間に、
これまで通りの調査票が配布されます。

記入した調査表は、
10月1~7日の間に、調査員に渡すか、
地域によっては、市区町村の役所に
郵送することも可能です。

今回の初めてのインターネットの登録は、
いろいろ周知不足だったように見えます。

私は、青い封筒に入っている
IDとパスワードが印字されている
書類はシュレッダーで処分し、
調査票の到着を待って、
これまで通り、書類に記載して
国税調査を提出しようと思っています。

sp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする