クロマグロの謎の大量死の葛西水族園、テスト中のスマも11匹死ぬ

Pocket
LINEで送る

クロマグロ

葛西臨海水族園で、昨年12月に
クロマグロが大量死してしまい、
そのクロマグロからウイルスが
検出されてはいますが、
死因とは断定できないようで、
因果関係は不明のままになっています。

sp


これまで様子見で、アカシュモクザメ2匹と
タカサゴ約500匹、ハガツオ10匹が水槽に入れられ、
それで問題が発生しなかったので、
クロマグロと同じサバ科のスマを29匹いれました。

そのスマが、5日間の間に、
11匹も死んでしまったのです><

水槽に入れたスマ

死んだスマは、解剖したところ、
背骨や頭蓋骨が骨折していたそうです。

また、ビデオカメラで確認したところ、
数匹は水槽のアクリル板に激突していたとのこと。

sp


残り18匹の中には食欲のない魚もいるそうなんです。

明らかにこれまでとは違って
マズい状況に見えます。

これがクロマグロの大量死につながっているのでしょうか。

葛西臨海水族園では、クロマグロの水槽に
色々な魚をいれてみて、その状況如何では、
6月中にクロマグロを追加して、
クロマグロの水槽の復活を目指していました。

でもスマがこのまま減り続けたら、
クロマグロの搬入の中止も考えているそうです。

早く原因が特定できるといいですね。

sp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする