フランス人は10着しか服を持たない/ジェニファー・L・スコット

[`evernote` not found]
LINEで送る


フランス人は10着しか服を持たない
~パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣~



「10着しか服を持たない」の!?

と驚いて読んでみたのですが、
10着というのは、上着やコート、下着、
アクセサリーやスカーフ、靴などを抜いた、
1シーズンに着る、セーターやカーディガン、
ブラウス、スカート、パンツの数のことでした。

sp


勝手な思い込みで、
ちょっとタイトルにやられちゃった感がw

『フランス人は10着しか服を持たない』の感想

カリフォルニアガールだった著者が
パリの貴族の家庭に半年間ホームステイして
カルチャーショックを受け、
その影響でライフスタイルを
すっかり変えてしまった経緯と
その詳細が、若い女の子の視点で
瑞々しく書かれています。

著者のジェニファー・L・スコットさんは
この暮らし方のヒントを今も伝え続けていて、
こちらが彼女のサイトとブログです。

 ⇒ Jenifer L. Scott

 ⇒ the Daily Connoisseur


10着というのにはやられてしまいましたが、
言っていることは真っ当なことで、
質のいい服や食生活を感性を使って
楽しむということで、
以前読んだ、ミレイユ・ジュリアーノさんの
フランス女性は太らない』に
通じるものもありました。

sp


ミレイユさんは、フランス女性から見た
フランス女性の分析で、
ジェニファーさんは、アメリカ女性から見た
フランス女性の分析になっています。

ジェニファーさん曰く、一般的な
アメリカ女性としての行動とされている事で、
ホームステイに穴の開いたスウェットを
パジャマとして持っていくとか、
そのパジャマ姿でホームステイ先の
キッチンに行くとかが
私からするとけっこう驚きで、
ジェニファーさんのカルチャーショックは
かなりのものだったろうなぁなんて思ってしまい、
ミレイユさんと同じ方向性の分析に落ち着きながらも、
分析する側とされる側ののギャップが激しいです。

こうしてみると、日本女性から見た
フランス女性の分析は、
また違うものになってきそうです。


「自分らしいスタイルのテーマを
1語で表す」というのがいいヒントになりました。

本に登場する、ジェニファーさんの人生を
変えてしまったフランス女性マダム・シックは
クラシックコンサバ。

ジェニファーさんは、リラックスリュクスだそうです。

また、そのテーマに合わせた服で
「自分に手の届く範囲で一番上等な物」を選び、
「イケてない服を一着も持たない」ようにすれば
まとまりよく、服の悩みもなくなりそう。


質のいいシンプルな暮らしというのは
世界共通の幸せの形のエッセンスのひとつとも言えそうで、
ミレイユさんの本を読んだときと同様、
自分の人生にも感性をもっと組み込んで
過ごしていこうと思わせてもらえた本でした。

sp
  • このエントリーをはてなブックマークに追加