フランス女性は太らない/ミレイユ・ジュリアーノ

Pocket
LINEで送る



フランス女性は太らない―好きなものを食べ、人生を楽しむ秘訣/ミレイユ・ジュリアーノ

シャンパンの世界的トップブランド
ヴーヴクリコ」。



そのアメリカ現地法人の社長兼CEOの女性が
年に300回の会食をこなしながらも太らずにいる、
フランス女性のスタイルキーピングの
極意がまとまった本とのことで。。気になりますw

sp

フランス女性はなぜ太らない?

論より証拠、ではないですが、
ミレイユ・ジュリアーノさんとは
どんな方なのか画像検索してみたら、
小柄でチャーミングな女性でした^^

⇒ ミレイユ・ジュリアーノさんの画像検索結果


いかにしてこのスタイルをキープしているのか。

結論から言えば、食べる量を減らし、
日々運動をしているのです。

でも、食事制限やジムでハードに
トレーニングしたりすることは、
感性の強いフランス女性には無理。

そこで、その感性をとことん食べることや
体を動かすことに活かしていくのです。

マルシェ(市場)

食事の方は、マルシェで手に入る新鮮な旬の素材を
ハーブやスパイスを使ってシンプルに手料理して
きちんとテーブルセッティングをして、
味わいながら丁寧に食べます。

いい素材を丁寧に食べると、味蕾がしっかり働いて
満足感が得られるようになるそう。

sp


食べ過ぎたときには、「ポロネギ」という



調べてみたらなんだか
下仁田ネギのような感じのネギですがw、
これだけを使って作ったスープだけを飲んで
調整します。

スイーツも、新鮮なフルーツを
コンポートにしたものや、
純度の高いチョコを1片だけなど、
質のいい物を食べるようにすることで
少しの量で満足感が得られるそう。

ハーブやスパイス、レモンを使ったシンプルな
おススメのレシピがたくさん紹介されていて、
フランスの女性はこういうものを
普段食べているのかと、新鮮です。


運動は、わざわざ大汗をかくような
スポーツをするのではなく、
たっぷり歩いたり、階段を使ったりなど、
日常生活の中に体を動かすことを
楽しみのひとつとして組み込んでしまいます。


あとは、水をたっぷり飲んだり、
新鮮な果物と野菜の割合を増やしたりなど、
全体的に、ダイエットという意気込みや
悲壮感、ギスギスした感じはまったくなく、
感性を研ぎ澄まして楽しんで毎日を過ごす方法です。

日本のスーパーは、一年中色々な野菜が
手に入って便利なことこの上ないですが、
逆に、あまり旬を感じられません。

フランスのマルシェが羨ましくなります^^

読んでいると楽しくなってしまう内容で、
自分の人生にも感性をもっと組み込んで
過ごしていこうと覚醒させてくれる本でした。

sp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする