シリコンシャンプーのとノンシリコンシャンプーの違いと選び方

Pocket
LINEで送る

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプー

ノンシリコンシャンプーを随分長く、
10年以上になるかと思いますが、愛用しています。

sp


色々なノンシリコンシャンプーを
試してみた結果使い続けているのが、
「あんだんて」ということころの
髪を洗うシャンプー」というものです。

刺激がほとんどなく、洗いあがった髪の感じがよく、
これに似たようなシャンプーはいくつかあるのですが、
その中でコスパがよいのがこれでした。

ノンシリコンシャンプーは、使ってみたら、
私の髪や肌に合っていたのか、
軽~く感じられて、敏感肌にも優しく、
枝毛ができなくなり、ふんわり健康的で、
指通りのいいサラサラな髪になりました。

友人が、気温が高くなってくると、
髪のベタツキやかゆみが出てきて困っていて、
私のノンシリコンシャンプーを小分けして
試してみてもらったところ、
髪がきしんで、自分にはあわなかったとのこと。

この友人は、普段はシリコン入りのシャンプーを
使っているとのことでした。

あまり考えたことのなかった
ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーの
違いや選び方を調べてみました。
sp

シリコンとは?

シリコンとは、岩石や土壌の主成分である
ケイ素から作られたに作られた有機化合物のこと。

最近は、シリコンスチーマーなど、
シリコンを使った調理器具がよくありますが、
シリコンは調理器具だけではなく、
意外なことに、ティッシュペーパーや
コンタクトレンズにまで使われているそうです。



ノンシリコンシャンプーが出始めた頃は、
シリコンが毛穴に詰まる。。などという
ちょっと聞き捨てならない説明を
目にしたことがあったんですけど(^^;
これは誤解で、調理器具などに
使われていることからもわかるように、
シリコンは安全性が高い素材だそうです。

このシリコンが配合されたシャンプーを使うと、
髪の表面がシリコンでコーティングされて、
洗髪の際に毛髪どうしの摩擦を軽減してくれたり、
洗い上がりの髪にしっとりした質感を与えてくれたり、
髪につやがでるようになったり、
といった効果が現れます。

また、髪をコーティングして、
ドライヤーやコテなどの熱から
髪を守ってくれるメリットもあります。

反面、シリコンにより、髪が重めになったり
頭頂部がぺったんこになったりという
デメリットがあります。

ノンシリコンのシャンプーを使うと、
ふんわりボリュームがでて軽く感じられるのは、
シリコンによる髪のコーティングが
なかったからなんですね。

シリコン入りとノンシリコンのシャンプーの選び方

シリコンは、安全面は問題はなく、
シリコン入りかノンシリコンかは、
仕上がりや髪の質感で選べばいいことが
わかってきました。

でも、その前にチェックすべきことが!

市販のシャンプーの多くは、洗浄成分として、
高級アルコールというものを使用しています。

成分で、ラウリル硫酸、スルホン酸、
ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩など
「○○硫酸」「○○酸」と書かれているものです。

高級アルコールは、あわ立ちが良く、洗浄力が強いので、
さっぱりとした洗いあがりになりますが、
その反面、刺激が強すぎたり、髪がきしんだりするという
特徴があります。

それをカバーするのに、シリコンが使われているのです。

高級アルコールは価格が安いので、
市販の安めの価格のシャンプーに採用されているようです。


一方、ノンシリコンシャンプーでは、よく、
アミノ酸が洗浄成分として使われています。

アミノ酸は低刺激、低洗浄力なので、
髪や肌へのダメージが少なく、髪もきしまないので、
シリコンを入れなくても大丈夫なのです。

アミノ酸は価格が高いので、
アミノ酸のノンシリコンシャンプーは
価格設定が高くなっているようです。


チェックすべきなのは、洗浄成分に
高級アルコールを使っていながら、
ノンシリコンのシャンプーがあるそうなんです。

そうなると、さっぱり洗いあがりながら、
髪へのコーティングがないので、
それで髪や肌にあっている人はいいですが、
きしみやパサつきがでてしまうことも><


私の友人が、普段シリコンシャンプーを使っていて、
ノンシリコンシャンプーを試してみたら
髪がきしんでしまったのは、まさにこれに似た状況で、
常に高級アルコールでしっかり洗って
シリコンコーティングしてきている髪を
ノンシリコンシャンプーで洗ったことで、
シリコン効果が不足してしまって
髪がきしんでしまったんですね。


オイリー肌の人が、油浮きを気にして
肌を洗いすぎると、かえってオイリー化を
増徴させてしまうらしいのですが、
友人が、気温が高くなって汗ばむ季節になると
頭のベタツキやかゆみが気になるというのは、
高級アルコールでしっかりと髪を洗うことで、
オイリー化の増徴が頭皮にも
起こっているのかもしれません。

もし、その対策として、
高級アルコール&シリコンのシャンプーから
アミノ酸&ノンシリコンのシャンプーに切り替えるには、
髪がシリコン離れできるまで、
使い続けていくしかないようです。

切り替えるかどうかの判断は友人に委ねます。

sp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする