台風12号の進路予想(7/19) 気象庁・米軍・アジア・ひまわり画像の最新情報

Pocket
LINEで送る

気象庁の台風12号の進路予想1

台風第12号 (ハロラ)の
気象庁による進路予想です。
平成27年07月19日18時00分 発表

sp


熱帯低気圧になっています。
気になるのは今後の予想です。

気象庁の台風12号の進路予想2

平成27年07月19日19時00分 発表
大きさ
強さ
 熱帯低気圧
存在地域南鳥島近海
中心位置北緯19度10分(19.2度)
 東経151度10分(151.2度)
進行方向、速さ西20km/h(10kt)
中心気圧1006hPa
中心付近の最大風速15m/s(30kt)
最大瞬間風速23m/s(45kt)

気象庁の台風12号の進路予想3

気象庁の台風12号の進路予想4

20日の6時にはマリアナ諸島に行き、
18時に小笠原近海に行く予想ですが、
小笠原近海では中心付近の最大風速が
18m/sになっているので、
また台風として復活するかもしれない予想です。

米軍(JTWC)の台風11号の進路予想

米軍の台風12号の進路予想
米軍(アメリカ海軍)
Joint Typhoon Warning Center (JTWC)
Typhoon 11W (Nangka) Warning #37

米軍の予想をそのままのばしていくと
紀伊半島から四国辺りに向かうように見えます。

Multi-Agency TC Forecastの台風11号の進路予想

アジアの台風12号の進路予想

香港・中国・台湾・韓国の進路予想です。

予想を出しているのは米軍だけです。
sp

ひまわり8号の映像

ひまわり8号の台風12号の画像

ひまわり8号の2015/7/19 17:00の映像です。
どこにあるのかはっきりわからないですね。

まとめ

熱帯低気圧になっていますが、
20日の夜、小笠原の近海あたりで
また台風として復活する可能性も
みうけられます。


【関連情報】
⇒ リアルタイムの雨情報
⇒ 台風の名前のつけ方
⇒ 台風・熱帯低気圧・タイフーン・ハリケーン・サイクロンの違い

sp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする