映画「シン・ウルトラマン」の感想(ネタバレあり)、シンの意味はひょっとして..

Pocket
LINEで送る



映画「シン・ウルトラマン」を観てきました。




円谷プロ風の特撮と現代のCGを組み合わせ、ウルトラマンと怪獣がドッカンドッカン戦う映像を楽しむ映画なのではないのかなどと勝手に思っていたのですが、予想に反して、映像はもとより、内容も面白い映画でした。

観ていて色々疑問が残ったのですが、観終えてから数日していくつか疑問が解けてきて、同時に「シン」の意味がなんとなく見えてきたので忘れてしまう前にその辺をまとめておきます。

映画を観ただけで、パンフレットやら関連情報やらの情報は何も観ていないので、トンチンカンなことを書いていくかもしれません。

映画の内容に言及していてネタバレしています、ご注意ください。



なぜウルトラマンは地球にやってきたのか


次々に日本に出現する禍威獣(かいじゅう)を自衛隊と禍特対で倒していきますが、電気を食べるネロンガはそれまでの禍威獣とは強さが桁違いで、傷つけることすらできそうになくお手上げに。



ネロンガ


そのタイミングでウルトラマンが現れて、ネロンガを倒してくれます。



シン・ウルトラマンのウルトラマン
(胸のカラータイマーの設定がなくなっている)


余談になりますがその際、スペシウム光線で山が一つ吹っ飛ぶ被害が出ていますが、ウルトラマンは、戦闘中にネロンガの電力を吸収(?)したり、放射能汚染の懸念があるガボラの攻撃も受け止め(?)たり、ガボラの体を吹き飛ばしたりせずに倒して遺体を持ち去ってくれたりして、常に被害を最小限にしようとしている行動から察するに、多分あのくらいはスペシウム光線を放射しないとネロンガを倒せなかったのでしょう。



ガボラ


ウルトラマン、心根が優しい奴なのか、あるいは環境への配慮は任務(?)の優先事項なのか..この答えは後々わかります。

ウルトラマンは人間が好きになってしまい、守ってくれたのですね。


話は戻って、ネロンガが人類の手に負えないとわかった瞬間に現れた見事な出現タイミングから、恐らくウルトラマンはこれまでの禍威獣と人間とのやり取りを観察していたのではないかと思います。

シン・ウルトラマンでの「光の国」とは、ゾーフィの姿を見たメフィラスがあっけなく手を引いたことから、銀河の裁定者(?)みたいなハイクラスな立ち位置で、地球に禍威獣が現れたことを受けて、様子見の出向を命じられたのがウルトラマンだったといったところでしょうか。

観察していた人間への関心が深まり、ネロンガ戦でやばくなったのをもう見ていられずつい手出ししてしまったというのが、ウルトラマンが地球に現れた理由ではないかと思っています。

そして、ネロンガを倒しに地球に落ちてきた際、子供を守り庇っていた神永の命を図らずも奪ってしまい、ウルトラマンは、神永と一体化して神永になります。

これがね..



「シン」の意味


庵野監督は、「シン・エヴァンゲリオン」「シン・ゴジラ」「シン・ウルトラマン」「シン・仮面ライダー」の映画を作ることとなっています。

私は今の所、「シン・ゴジラ」と「シン・ウルトラマン」を観ています。

「シン」というのは、新とか真とか神とかの字が折り重なって入っているのかななどと思っていたのですが、「シン・ウルトラマン」を観て、このシリーズのシンの意味はsin、原罪なのではないかと思いました。

先に「シン・ゴジラ」での原罪ですが、私はシン・ゴジラでのゴジラは、人類が手を出してしまった放射性物質を清めてくれる存在ではないかと思っていて、

私の「シン・ゴジラ」のレビュー記事
⇒ シン・ゴジラのラストの尻尾の意味や疑問点の考察【大海嘯の始まり?】
シン・ゴジラを見て来ました^^ ラストが意味深な上、 途中もいろいろ 疑問点が残りました。 いろいろ考えるにつれ、 ...

放射性物質という手に余るものを取り扱おうとした事が人類の原罪で、その結果ゴジラが生まれ、さらにそのゴジラに人類は浄化されてしまうのかもしれない、というものです。

さて、シン・ウルトラマンでの原罪ですが。

ウルトラマンは、災いをもたらす禍威獣達を次々倒し、身を呈してゼットンを破壊して世界を守ってくれて、さらに、自分ではなく、一体化していた神永の命を永らえさせる事を選び、神永は蘇って仲間たちの元に帰る事ができます。

ありがとうウルトラマン!! なのですが..

そもそも、ウルトラマンが神永と一体化したことが重罪で、その罪でゼットンの発動となり、地球どころか太陽系全てが蒸発することになってしまってます。

ウルトラマンには色々助けてもらっておいて何ですが、ウルトラマンの判断の過ちで太陽系ごと消されちゃうなんて、巻き添えも甚だしすぎです。

そうでなくても、人間がベータカプセルで生物兵器として使える事が銀河中にバレてしまい、今後、人間を手に入れようと、次々にメフィラスのような外星人が襲撃してくるでしょう。

また、ウルトラマンが死んだことで、光の国は人間を消滅させることを取り消してくれるのでしょうか。

もしまだ消滅させる気なら、今回のゼットンは失敗に終わりましたが、ゼットンの発動がこの一回限りとは限らず、またゼットンが発動されたら、人間の誰かがベータシステムを使ってウルトラマンのように殴り飛ばせばいいのかもしれませんが、光の国がそんなアホな事繰り返させませんよね。

さらに、人間はウルトラマンにベータカプセルを託されましたが、これは光の国に咎められないのでしょうか。

光の国までも敵に回してしまった感..襲いくる外星人のみならず、まさかウルトラ一族とも戦うの?

四面楚歌、私の嫌いな言葉ですw

という事で、今回こそ難を逃れましたが、ウルトラマンが地球にきたことで、地球の未来は真っ暗になったのです。



ウルトラマンの本当の名はリピアです。

いきなり知っているキーワードが出てきて驚きましたが、それを聞いて納得しました。

リピアって、ヒメイワダレソウという植物の別名です。

リピア


すごい勢いで繁殖する背の低い植物で、踏みつけていると芽がどんどん増えて、芝生のようにびっしり地面をカバーするようになります。

庭などに雑草がどんどん生えてきてしまうので、リピアを植えて、雑草に先んじてリピアで地面を覆い(グランドカバー)、雑草の繁殖を防ぐという使い方をします。

リピアは自力で伸びていく以外に種でも増えるため、勝手に広がって生態系に被害を及ぼす恐れのある外来種として重点対策外来種に指定され、植えてはいけない植物のリストに入っています(でもなぜか販売され続けている)。

また余談ですが、種が実らないようにリピアを改良したクラピアという植物があり、それなら外に出ていかないように伸びた分をカットしたり、伸びる範囲を囲ったりして管理しながら手入れをしておけば勝手には増えないので、グランドカバーとして重宝されています。

クラピア


シン・帰ってきたウルトラマンがあるとして、そのウルトラマンの名前がクラピアだったら救いの未来があるかもw


閑話休題、で、ウルトラマンの本名がリピア..繁殖力が強すぎるので植えてはいけない重点対策外来種..地球に来てはいけなかった。

ウルトラマンが地球にきてしまったことが、映画「シン・ウルトラマン」での原罪。

なぜこんなことになってしまったのでしょう。

ウルトラマンが人間を好きになってしまったから?

人間がウルトラマンに気に入られてしまうような存在だったから?

どっちも悪いとは言い難いんですよね。

情に流されることが原罪だなんて、ツライ。


禍特対ですらゼットン発動の原因を知らずウルトラマンに感謝し、その他の人類に至っては、ゼットンの事すら、またなぜ禍威獣が現れるかも知らずにただ振り回されるのです。

映画を観ていた私自身も、ウルトラマンがメフィラスと道を違えることを、そしてゼットンを吹っ飛ばせたことを喜び、なんとかウルトラマンに帰ってきてほしいと手に汗握っていたのです。

観終えてしばらくして全貌が見えてきて、シニカルすぎてツライ。


別の未来の可能性


ウルトラマンが、禍威獣が現れるようになった地球を観察するために光の国から出向任務を与えられていたとして、その任務を全うし、手を出さずに観察し続けていたらどうなっていたでしょう。

メフィラスの思惑通り、禍威獣対策で日本政府、おいては世界中がメフィラスと手を組み、メフィラスはこっそりか、あるいは協力の代償として堂々と人間を手に入れて、生物兵器として外星に売り渡していたかもしれません。

70億人の命と一部の人の命を比べることはできず、それはそれで悲劇ですが、禍威獣による酷い被害を受け続けるよりはマシと考えるのかもしれません。

また、メフィラスの行動を光の国が許すのかどうかですが、禍威獣が現れても手を出してこなかったので、まだメフィラスが裏で糸を引いているのがわからなかったため観察を続けていたのか、あるいは弱肉強食の自然淘汰の定めは止むを得ず、黙認していたのか。

メフィラスのビジネスが続けられたら、やがて地球人の生物兵器としての価値が銀河にバレ、外星人による地球人の奪い合いになるかもしれませんね。

この世界線でも地球の未来はお先真っ暗ですが、全滅までの時間はかなり伸ばせるのかも。

光の国勢がメフィラスの計画を把握し、それなら介入可能となってウルトラマンが公式にメフィラスを止め、その際に人類を巻き込んでしまっても一体化を控えたら、この未来でならハッピーエンドにできそうです。


なぜ禍威獣は日本だけに現れたのか


ウルトラマンのTVシリーズの時は世界中に怪獣が現れていて、その中での日本の話だったような記憶がありますが、シン・ウルトラマンでは日本だけに現れると言及されていました。

この原因は、裏で糸を引いていたメフィラスが日本にいて、禍威獣を出現させて困らせて、自分の都合がいいように事を運ぼうとしていたためですよね。


ではメフィラスはなぜ、日本にいたのか。

言及がなかったので、まぁ、日本語に好きなことわざや言い回しが多かったとか、和食や日本酒がお口にあったから、でしょうかw


なぜゾフィーではなくゾーフィだったのか


ウルトラマンのTVシリーズを見ていた人は、シン・ウルトラマンで「ゾーフィ」と聞いた瞬間、(え? ゾーフィ?  ゾフィーのこと? ま、追い追いわかるかも? 保留にしておこう..)という感じで頭にハテナが浮かんだのではないかと思います。


ゾーフィ


TVシリーズのウルトラマンの時は、最終回でウルトラマンは怪獣のゼットンに負けて死んでしまい、そこに駆けつけたゾフィーが2つ持っている命を一つくれてウルトラマンが生き返る、というストーリーだったような(ちょっと記憶が不確か)



ゼットン


シン・ウルトラマンでのゾーフィとウルトラマンの会話のシーンの不思議な空間は、TVでウルトラマンがゾフィーから命をもらうシーンの映像に似ていた気がします。

あの場所は、生命の保留ができたり命のやり取りができる、あの世とこの世の境といった場所なのでしょうか。

TVのウルトラマンではゾフィーは救いだったのですが、シン・ウルトラマンでのゾーフィは無慈悲に最後の審判を下す存在。

だから、ウルトラマンの死に際して駆けつけてあの空間に連れては行くけれど、名前は違うものにして違う存在としたのではないかと思います。


なぜM78ではなくM八七だったのか


Youtubeで米津玄師さんの「M八七」を視聴していて、いいなぁ❤️と思ってよく聞いていました。



米津さんが持っている音楽や表現のセンスを完全にコントロールしながら出し切っている感じで、集大成の一曲とでも言える曲ではないかと思っています。

映画「シン・ウルトラマン」のエンドロールでM八七が流れた時、ウルトラマンの孤高さがしみじみと沁みました。

が、ウルトラマンの故郷はM78星雲なのに、なぜかM八七で、映画でその謎が解けるかと思っていたのですが、言及はありませんでした。

これだけはどうも気になってリサーチしたら、そもそもはウルトラマンの故郷は実際にあるM87星雲だったものが、誤植でM78星雲になり、そのまま定着したものらしく。

これも、ゾフィーとゾーフィが違うように、ウルトラマンとシン・ウルトラマンで世界線が違う、という事でしょうか。


シン・ウルトラマンやシン・ゴジラの面白みの一つに、禍威獣やゴジラといったありえない現実に、自衛隊や政府や政治家といったリアルで対応してミックスされているところがあるのではないかと思います。

ウルトラマンでの空想のM78星雲が、シン・ウルトラマンで実在するM八七になった事で、よりミックスが深まっていますね。


「シン」の意味(2)


人類の手に負えない敵が現れて絶望に追い込まれるけれどなんとか乗り越える話で、それっぽいキーワードが散りばめられた早口の会話で進行が進み、独特のテンポやフォント配置やカメラワークやカット割りがあるという、庵野監督のパターン。

このパターンでエヴァンゲリオンにしたり、ゴジラにしたり、ウルトラマンにしたり。

庵野マジックとでも言いますか、その都度、心を持って行かれて夢中になって観てしまいます。

シンの意味がsin(原罪)かもしれないと思い、となるとまだ観ていない「シン・エヴァンゲリオン」や、これからの「シン・仮面ライダー」でも原罪が描かれているのかも。

そもそも原罪ってなんなんでしょう。

無知で無邪気な事、ですかねぇ。

子供から大人になる過程で、また、地球人から光の国のように文明が発展していく過程で、強い自立した合理的な者が勝ち残り、やがて無知で無邪気なシンを克服して無心な無sinの存在になっていくのかもしれません。


ウルトラマンはゼットンを殴り飛ばしに行くときに、神永を見送る禍特対メンバーに、必ず帰ってくると約束します。

安易な約束などするはずのないウルトラマンがこんな事をするなんて、何かあるなとは思っていました。

その何かは、できればハッピーエンドであってほしいと。

TVのウルトラマンでゾフィーが命を2つ持っていたように、光の国では命を色々扱えるようになっているようで、ウルトラマンは、できる限りの努力はして、でも、自分が助かる可能性はほぼなく、その時には最期の命のやり取りのタイミングで自分を犠牲にして神永を救える可能性があることを知っていて、どちらかが戻れるから約束したのでしょう。

そんなことは一言も語らず、仲間の不安を拭い去るためただ頷いてみせる..なんて非合理的な..

そして、非合理的な者は滅び、自然淘汰でやがては合理的な光の国へと収斂して行くのでしょう。

それを寂しく思うような者はsinを抱いており、滅ぶ定め。

そういう視点で見ると、なぜウルトラマンが現地人と一体化したことが重罪に問われたのか見えてきますね。

合理性を尊んできたことで現在の地位にあり銀河の秩序を守っているウルトラ一族から見て、情に流されるという先祖返りをしてしまったウルトラマンは落第児。

ゾーフィがウルトラマンに生き永らえる選択も提示したので、ウルトラマンには更生の余地があるけれど、一体化した現地はDNAの欠片も残さぬレベルで完全消滅させるルールがあるのは、これまでに色々手こずらされることでもあったのでしょうか。

でもこれ、ワンチャン地球人が下剋上する世界線もあり得ますね。

ゼットンを回避したことを聞きつけて地球と組んでもいいと思う外星人や、ウルトラ一族に一泡吹かせてやりたいなんて思っている外星人もいるかも。

クラピアという名前の地球で共生できるウルトラマンも現れるかもw

心をsinとする者と、心を神とする者。

この先、生き残る者が答えとなって行くのです..な〜んて考える者がいるから力を持つ前に消滅させられるんでしょうねw





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする