クリニカとダイソーのデンタルフロスがそっくりなので比較してみた

Pocket
LINEで送る

クリニカとダイソーのデンタルフロスの比較(本体)

いつも愛用している
クリニカのデンタルフロスに
見た目がそっくりなフロスを
100均ダイソーで見つけ、
思わず買ってみてしまいましたw

クリニカとダイソーの
デンタルフロスを
比較してみます^^

sp


クリニカのデンタルフロス


デンタルフロスは
糸を指に巻き付けてピンと張り、
歯の間に通してスライドさせて
歯垢(プラーク)をこそげとります。


デンタルフロスの使い方





デンタルフロスを何種類か
使ってみたのですが、
細い糸が束になっている
タイプのものだと
デンタルフロスを巻き付けている
指が痛くなってしまいまして。


クリニカのフロスは
水に濡れると膨らんで
スポンジ状になります。



ライオン クリニカ デンタルフロス



歯垢をしっかりと
取り去るためにスポンジ状に
なっているのですが、
これが、巻き付ける指にも
優しい仕様なんです。



⇒ クリニカデンタルフロスの口コミ・レビュー

クリニカのフロスの
商品レビューをみてみると、
フロスを巻き付ける指が
痛くないという理由で
クリニカを選んでいる人は
いないですねw

sp



ダイソーのデンタルフロス


そんなクリニカのデンタルフロスに
見た目がそっくりな
ダイソーのデンタルフロス。


外装の表側

クリニカとダイソーのデンタルフロスの比較(表側)




裏側

クリニカとダイソーのデンタルフロスの比較(裏側)




本体

クリニカとダイソーのデンタルフロスの比較(本体)



本体を開けてみたところ

クリニカとダイソーのデンタルフロスの比較(開封)




とまぁ、ここまでは
ほとんど区別がつきませんw

スペックの比較


クリニカダイソー
価格300円~400円108円
長さ40m50m
形状スポンジスポンジ
ワックスありなし
香りミントなし
製造国マレーシア製フロス:イタリア製
加工・包装:タイ





長さの違いは、
こんなところにでています。

クリニカとダイソーのデンタルフロスの比較(糸の太さの比較)

上がクリニカ、下がダイソーで、
クリニカの方が太いです。




水に濡らしてスポンジ状にしてみると、
さららに太さに違いがでます。

クリニカとダイソーのデンタルフロスの比較(スポンジ状の太さの比較)

念のため、上がクリニカで
下がダイソーです。

まとめ


クリニカの方は、水に濡れる前は
細くてワックス付きで
歯の隙間に入りやすく、
水に濡れてスポンジ化すると、
柔らかくて歯茎に優しいながら
歯に対して抵抗力がつき、
歯垢をかきとりやすくなります。

しっかり歯垢を取り除きたい方に
おすすめです。



ダイソーの方は、水に濡れても
あまりスポンジ化はせず、
ツルツル感が持続しています。

歯と歯の間が狭いところや
歯並びが悪いところ、奥歯の方など、
デンタルフロスが
なかなか入らないことがあったり、
歯の治療をすると、
デンタルフロスが
入らなくなったりします。

そんなときには、
細めでツルツルの
ダイソーのデンタルフロスが
使いやすいかもしれません。

sp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする