腸過敏性症候群とは? 子供のお腹の調子が悪くなる原因はこれかも

Pocket
LINEで送る

腸過敏性症候群

お腹が痛くて学校に行けない。。

私、苦手な授業がある日は
お腹が痛くなったものでした(^^;

でも結局学校へはいかねばならず、
そうやって少しずつ大人になってきたのです。

sp


今はそんな、明確な理由がないながら
お腹の調子が悪くなる症状に
腸過敏性症候群という名前が
ついているようです。

腸過敏性症候群とは?

夜、寝る前は元気で何の問題もなかったのに、
朝起きると腹痛を訴え、
学校に行けなくなってしまうことがあります。

子供は体が小さく、食べすぎたり、
体が冷えてしまったり、風邪気味などで
簡単に調子が狂い、お腹の不調が
不調になることはよくあります。

が、その不調が続くとなると、
腸過敏性症候群の可能性があります。

下痢、便秘、ガスが非常にたくさん出る、
お腹が張ったりごろごろしたりするなどの
明らかなお腹の不調の症状があるにも関わらず、
検査をしても腸に具体的な異常は発見されないのです。

sp


私はまさにこれでした(^^;
親もきっと、理由はわかっていたと思います。

症状を改善させるには、原因になっていると
考えられるストレスを取り除く必要があります。

でも、時間割を変えたりすることはできず、
結局は本人の心理的な捉え方を変えるということに
期待せざるを得ません。

大人向けにはこのような対策本がでているので、


最新版 過敏性腸症候群の治し方がわかる本 (こころの健康シリーズ)

こういった本を参考に、
大人の方で、子供の気持ちを理解して、
焦らさずに寄り添ってあげるのが
いいかもしれません。

sp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする