2015台風23号の最新進路予想、でかい・速い・そんなに強くない

Pocket
LINEで送る

wind20151008

超大型の台風23号(チョーイワン)、
9日9時頃択捉島の東に上陸しそうな
進路予想です。

sp

超大型で速度が速い台風23号

台風23号は8日00:00の時点で、
風速15m/s以上の強風域の範囲が中心の
北側1000km、南側850kmに拡大しました。

風速15m/s以上の半径が
500km以上~800km未満だと大型の台風、
800km以上だと超大型の台風となります。

ということで台風23号も、
「超大型」の台風に変わりました。


超大型というのはどれくらい
大きいのか確認できるのが、
台風を上空、宇宙からみた
俯瞰画像です。

宇宙からの画像といえば、
国際宇宙ステーション(ISS)に
長期滞在中の宇宙飛行士、
油井さんが、日本に台風が
向かっているときなどに、
台風を撮影した画像を
ツイッターに載せてくださってます。

台風23号については、
1度しか掲載がないので、
前にもこのブログで紹介した、
10月4日の、ちょっと古い
油井さんのつぶやきですが・・


でかっ!

大きすぎて、カメラの画角に
収まりきっていません。

sp


気象庁の台風第23号の進路予想

気象庁の台風23号(チョーイワン)の進路予想

黄色い円は、台風が超大型となった
8日00時時点の強風域をあらわしています。

日本がすっぽり入ってしまうような
広さです。


台風第23号 (チョーイワン)
平成27年10月08日00時45分 発表
大きさ超大型
強さ
存在地域日本の東
中心位置北緯 35度50分(35.8度)
 東経 150度20分(150.3度)
進行方向、速さ北 55km/h(30kt)
中心気圧960hPa
中心付近の最大風速30m/s(55kt)
最大瞬間風速40m/s(80kt)
25m/s以上の強風域東側 330km(180NM)
 西側 220km(120NM)
15m/s以上の強風域北側 1000km(550NM)
 南側 850km(450NM)


サイズはとてつもなく大きいですが、
風速や中心気圧は
それほどでもありません。

また、スピードが55km/hとかなり速いです。


【関連情報】
台風のヘクトパスカル(hPa)、いくつになったら危険?
最大風速30m/sってどんな風?


今後の気象庁の進路予想では、

日時存在地域中心気圧最大風速
08日12時根室市の南東約360km955hPa30m/s(85kt)
09日00時根室市の東約180km950hPa30m/s(85kt)

となっています。

ハイスピードで日本の東を北上し、
09日00時には温帯低気圧に
変わる予想になっています。


【関連記事】
台風・熱帯低気圧・温帯低気圧・タイフーン・ハリケーン・サイクロンの違い


台風23号の名前の
チョーイワン(Choi-wan)とは、
香港(広東語)の彩雲の意味です。
⇒ 台風の名前のつけ方。とかげやコップなんて名前も。。

米軍の進路予想

Joint Typhoon Warning Center (JTWC)
TROPICAL STORM 23W (CHOI-WAN) Warning #21
米軍の台風23号(チョーイワン)の進路予想

Zは協定世界時なので、
日本時間に直すには
時差の9時間を加えます。

09/00Z、9日(金曜日)の9時頃に
択捉島の東を通過しそうな進路予想です。

以前の予想では、
暴風圏の予想範囲が巨大で、
関東・東北・北海道まで、
東日本をすっぽり覆ってしまって
いましたが、この最新の予想では、
北海道の東端に
かかるくらいになっています。

ヨーロッパの進路予想

2015年10月8日00UTC
ヨーロッパの台風23号(チョーイワン)の進路予想

UTCは協定世界時なので、
日本時間に直すには
時差の9時間を加えます。

日本に一番接近しそうな
8日の進路予想です。

気象衛星ひまわり8号の宇宙からの画像

2015/10/08 06:10
気象衛星ひまわり8号からの台風23号(チョーイワン)の衛星画像

ようやく台風のある地域にも
陽が当たって雲の様子が
見えるようになってきました。

北海道の東に巨大な渦がみえています。
台風の目は見えないようです。


【関連記事】
傘の撥水効果を回復・長持ちさせる方法

sp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする