風速ってどれくらいが危険なの?数値の見方を丁寧に解説

Pocket
LINEで送る

風見鶏

風速によって、同じ風が、
心地よいそよ風から暴風まで変化します。

風速の数値によってどんな違いになるか
調べてみました。

sp

風速とは?

風速は、「風車型風向風速計」と呼ばれる
流線型をした胴体と垂直尾翼のボディに
4枚羽根のプロペラがついた機器で
計測されています。

風車型風向風速計

地上10mの高さの風を測っているそうで、
3階建ての屋根くらいの高さなんですね。

建物の影響を受けないようにしているのでしょうか、
意外と高い位置の風を測っています。

風速」とは、10分間の平均風速のことで、
最大風速」は10分間の平均風速の最大値、
最大瞬間風速」は瞬間風速の最大値です。

最大瞬間風速と平均風速の比を
「突風率(ガストファクター)」といい、
突風率は1.5~2倍程度が一般的で、
例えば台風等で最大風速20m/sと
発表された場合は、その2倍の
40m/s程度の突風が吹く可能性があります。

では、風速による違いを見てみましょう。
sp

風速5m/s

顔に風を感じ、木の葉が絶えず動きます。

時速に換算すると、5×60×60=18km/h
自転車で走っているくらいです。

風速10m/s

吊るした旗が開き、
木の枝が絶えず動きます。


風速15m/s

時速50km/hで走っている車の窓から
顔を出した感じです。

向かい風だと歩きにくいです。


風速20m/s

大人でも身体を60度くらいに
傾けないと立っていられず、
子供なら飛ばされそうになります。

最大風速が17.2m/sを超えると
「台風」となります。

動画では、歩いている方が
足元を取られて、
パーカーやザックカバーが
はためきまくっています。


風速25m/s

屋根瓦が飛ばされ、樹木や煙突が
根こそぎ倒れます。

時速換算で90km/s、高速道路を
走行しているくらいです。


風速30m/s

雨戸が屋根が飛んだり、
電柱や、しっかりしていない家が
倒れることがあります。

最大風速が32.7m/sを超えると
「強い台風」となります。


風速40m/s

時速換算で144km/h、
プロ野球のピッチャーの剛速球レベルです。

最大風速が43.8m/sを超えると
「非常に強い台風」となります。

1分56秒あたりからの
風の勢いがすごいです。


風速50m/s

木造家屋が倒れ、樹木は根こそぎになります。

最大風速が54.1m/sを超えると
「猛烈な台風」となります。

動画では回りの景色がよく見えません。


風速60m/s

鉄塔が曲がることがあります。

動画は、最大瞬間風速が
50m/s以上のときのものですが、
こんな音、聞いたことがありません。


風速70m/s以上

これはもう、動画をごらんください。

1:25あたりから、ガソリンスタンドの屋根が
フニャフニャと崩壊し始め、
最後には鉄骨しか残っていません。





また、こちらは、
フィリピン沖を襲った
最大瞬間105m/sの台風を
暴風雨の撮影を得意とする
カメラマンが撮影した動画です。

横殴りすぎで何も見えません。





【関連記事】
台風のヘクトパスカル(hPa)とは? いくつになったら危険なの?
台風が熱帯低気圧に変わるとは?
車の水没はどこまで大丈夫?水没車の修理や保険のコツ
傘の撥水効果を回復・長持ちさせる方法

sp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする