オレンジのカンパーニュ(ポリ袋による圧力の検証)

Pocket
LINEで送る

オレンジのカンパーニュ

オレンジのカンパーニュを焼きました。

sp



相原一吉さんの、
ポリ袋にいれて圧力をかけながらの
冷蔵庫での長時間低温発酵と、



セントルザベーカリーの牛尾則明さんの
常温で発酵させてからの
冷蔵庫での長時間低温発酵を



同時にやり始めていて、
冷蔵庫に入れる前に常温発酵をさせる方は、
常温発酵させなかった頃は、
パンがあまりよく膨らまなかったので、
効果があることはわかっていて、
ポリ袋での圧力の方の効果を検証しています。

オレンジのカンパーニュのレシピ

<材料>
薄力粉の湯だね
国産小麦粉(春よ恋) 300g
継ぎ足しの天然酵母元種 150g
卵+ぬるま湯 160g
塩 5g
きび砂糖 10g
バター 10g
オレンジミンス 50g

    

オレンジのカンパーニュの作り方

材料を全て混ぜる
オートリーズ 15分
パン生地を捏ねる 80回
1次発酵 常温で3時間
冷蔵庫で長時間低温発酵 18時間
(オーバーナイト)
冷蔵庫から出してパンチ
電気ポットの上で温めながら発酵 1時間
ベンチタイム15分
3つ折りで縦横に2回丸めて成形
2次発酵 2時間弱
霧吹きでパン生地全体を湿らす
予熱済みの900wの電気オーブンで200度7分160度23分焼成
【関連情報】
国産小麦粉と天然酵母の手作りパン、まとめ(随時更新)
sp

ポリ袋による圧力の効果

圧力をかけると、ふんわりする気が
していたのですが、圧力をかけずに焼いてみると、
ややふんわり感に欠けるような気がしつつも、
イマイチ違いがわかりませんでした(^^;

そこで今回は、比較しやすいように、
これまでになく高圧力になるよう、
ポリ袋にほとんど余裕をもたせずに
ビニタイで口を閉じてみました。

パンッパンに膨らんでいて、
過去最高に圧力がかかったかと思いますw

その結果なんですけど、ふんわりしてました^^

ポリ袋による圧力の効果を実感できたので、
今後も続けていこうと思います。


今回も、7枚切りになりました。

オレンジのカンパーニュ(スライス)

オレンジのカンパーニュ(クラム)

嵩が低くなりましたが、
オレンジミンスを入れると生地がたるみやすいのです。

sp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする